コメント投稿

HTMLメールの「リンク」の効果や作成方法についてご紹介

HTMLメールでよく見られる「リンク」。クリックひとつで自社のHPに誘導させたり、メーラーを立ち上げたりできるので、読者の態度変容を促すには欠かせません。そこで今回はリンクの効果と作成方法をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

HTMLメールでよく見られる「リンク」。リンクとはメール本文やページの中で記された、他のページの所在を表す情報のことです。正式名称は「ハイパーリンク」ですが、現在はこれを略した「リンク」という言葉で呼ばれることが多いです。「リンク」によってクリックひとつで自社のHPに誘導させたり、メーラーを立ち上げたりできるので、読者の態度変容を促すには欠かせません。そこで今回はリンクを活用することによる効果とリンクの作成方法をご紹介します。

 

リンクの種類
URLをそのまま設置
文字リンク
画像
ボタン

URL以外のリンク作成方法
メールの送信
電話の発信
SMSの送信

カンタンにHTMLメールのリンクを付けられる「HTMLエディタ」

 

詳細は以下からご覧いただけます。

HTMLメールの「リンク」の効果や作成方法についてご紹介

 

よろしければこちらもご覧ください
000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル