チーターデジタルがHTMLメール用CMS「Lynx」を機能強化、HTMLやCSSの知識不要で制作可能

さらに少ないリソースでHTMLメールの制作を行うことができるように
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/12/5 14:35

マーケティング支援のチーターデジタルは、同社が開発・提供するHTMLメール専用CMS「Lynx」の機能強化を12月4日発表した。提供開始は12月11日を予定しており、機能強化により、優れた操作性を実現し、さらに少ないリソースでHTMLメールの制作を行うことができるようになるという。HTMLメールは、テキストメールに比べ制作に時間がかかることから、HTMLメールに切り替えられない企業が多かった。

チーターデジタルは、HTMLメールの課題を解決するためLynxを導入した。今回、近年のメール配信市場の変化とLynxを使うマーケターの要望から、より使いやすい「ユーザーインターフェース」「テンプレート」の改修を行うことにした。これによりHTMLメール制作の大幅な時間短縮が期待できる。今後も、チーターデジタルでは企業と消費者の、最適なコミュニケーションを支援するソリューション・サービスの開発・提供を行っていく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]