コメント投稿

もはや当たり前?中小企業が取り入れるべきABMとは?

もし今のマーケティングに課題を感じているなら、ABMという戦略を取り入れてみてはいかがでしょうか。ABMの考え方は大企業よりも限られたリソースを有効活用しなければならない中小企業ほど大切になります。この記事では「ABM」とは何かという点について紹介いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんはどんな方法で見込み顧客と出会い、事業を成長させていきますか?

ポスティングや紹介、Webやマス媒体での広告、リストへのテレアポでしょうか。それとも、インバウンドマーケティングコンテンツマーケティングの考え方を取り入れ、SNSやブログメディアなどで、見込み顧客へアプローチするでしょうか。

これらのマーケティング手法はどれも間違いではありません。チラシのポスティングは一見非効率ですが、効果的に活用している企業は今もポスティングで多くの顧客を獲得しています。逆に、近年注目されているインバウンドマーケティングでは、効果が出ずに撤退する企業も珍しくありません。

つまり、手法そのものよりもやり方や戦略の方が重要だということです。そして様々なマーケティング手法をより効果的にするのが、これから紹介するABM(アカウント・ベースド・マーケティング)です。

もし今のマーケティングに課題を感じているなら、ABMという戦略を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ABMの考え方は大企業よりも、限られたリソースを有効活用しなければならない中小企業ほど大切になります。

Grabでは今回「ABMがなぜ注目されているのか」「なぜ必要なのか」を紹介しています。

>>「Grab」で続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
000
000
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]