EC運用時の入金消込とは?自動化して効率性と正確性をアップ!

入金消込とは、売掛金と実際の入金金額に相違がないか確認し、売掛金情報を消去する作業のことです。入金消込作業の課題と、自動化するメリット・方法を紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

keshikomi_main.png

ECサイトを運用する場合、実店舗での対面取引と異なり、商品・サービスが購入され売上が発生してから、入金されるまでタイムラグが生じることが多くあります。このような場合、お客様から銀行振込などで入金された後にデータ上の売掛金と実際の入金金額に相違がないか支払明細と照らし合わせながら確認し、売掛金情報を消去する作業が「入金消込」です。

入金消込は、手間がかかるだけでなくミスも発生しやすい作業です。そこで、システム化することで作業を効率化し、正確性を保つことをおすすめします。本記事では入金消込を自動化するメリットや具体的な方法を紹介します。

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]