コンビニ決済|ペーパーレス・払込票、それぞれのメリット・デメリットは?

コンビニ決済の払込票方式とは、バーコードが印字された請求書をレジに持参し支払う方法です。ペーパーレス方式との違いや、導入にあたっての注意点を紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

haraikomi_main_3.png

コンビニ決済はクレジットカードに次ぐ主要な決済手段

コンビニ決済は老若男女を問わず手軽に利用でき、24時間365日いつでも支払いができる便利な決済方法です。クレジットカードを持たない顧客も利用できるという強みがあります。 事業者側にとっても、銀行振込などと異なり、注文に紐づけされた金額しか支払いできないため支払額の相違が発生せず、入金情報をリアルタイムで取得できるという利点があります。

インターネットで購入・取引する場合に利用されている決済方法のうち、クレジットカード(70.8%)の利用率が最も高くなっていますが、コンビニ決済はそれに次ぐ利用率(40.8%)となっています。(2018年実績)

■インターネットで購入する際の決済手段

haraikomi_statistics2018.png

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]