コメント投稿

Instagramの短尺動画「リール」でもショッピングが可能に、ショッピングタグに対応

エンターテインメント性の高い短尺動画で「好き」「欲しい」の偶発的な発見生み出す
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、「Instagram」のショッピングタグを利用して、最大30秒の短尺動画を投稿・視聴する「リール(Reels)」に商品をタグ付けできるようにした、と12月10日(米国時間)に発表し、日本語訳を11日に公開した。リールの動画コンテンツ内でショッピングを楽しむことができるようになる。

 

Instagramは「フィード」や「ストーリーズ」だけでなく、長時間動画の「IGTV」も10月から商品タグ付けに対応した。8月から提供が始まったリールが商品タグに対応したことで、企業は視聴が増えているエンターテインメント性の高い短尺動画でユーザーにリーチし、「好き」「欲しい」の気持ちにつながる偶発的な発見を生み出すことができる。

 

リールは、提供開始から国内外のさまざまなブランドが活用しており、商品紹介や商品の使い方などショッピングに関連した動画コンテンツも多く投稿されている。Facebookは、中小を含めたあらゆる規模のビジネスのEC事業を支援するため、ショップ機能などさまざまな機能の開発に注力している。

よろしければこちらもご覧ください
760
760
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル