「Instagram」で30秒動画の「リール広告」を提供開始、「リール」動画の合間に表示

縦長の全画面表示、リール動画のようにループ再生、「コメント」「保存」「シェア」も
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、「Instagram」で30秒以内の短尺動画「リール」で広告を配信する「リール広告」を始める、と6月17日(米国時間)に発表し、18日に日本語サイトで公開した。日本を含めてリールが利用できるすべての国と地域で利用できる。「ストーリーズ広告」と同様に縦長の全画面で表示され、通常のリール動画の合間に表示される。

 

リール専用タブだけでなく、「発見タブ」「ストーリーズ」「フィード」などに表示されるリール動画をタップすると、リールだけが再生される全画面ビューアーに移動し、次々再生される動画の合間に広告が表示される。最大30秒までの動画を広告として出稿することができ、リール動画のように一度再生が終わると広告をループ再生する。

利用者がエンターテインメント性の高い動画を楽しむ環境下でリール広告が表示され、広告にコメントを残したり、「いいね」「保存」「シェア」したりできる。Instagram上の他の広告と同様に、どのような広告を見るかを利用者が管理できるので、興味がない広告が表示された時はスキップや非表示にしたり、報告したりすることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]