コメント投稿

アクティブコアが一括配信時にコンテンツを出し分ける機能「MAセグメント配信」開始

「activecore marketing cloud」、蓄積する顧客属性や行動履歴に基づいてセグメント化
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング支援事業のアクティブコアは、同社のマーケティングソリューション「activecore marketing cloud」で、メール、「LINE」、アプリでの一括配信時に個人に応じてコンテンツを出し分ける機能「MAセグメント配信」を始める、と8月28日発表した。蓄積する顧客属性や行動履歴に基づいてセグメント化する。

MAセグメント配信機能は、出し分けたいメッセージのコンテンツを準備すると、1回の配信で最適なコンテンツが自動で出し分けられる。ターゲットは、activecore marketing cloud内のDMP(データマネジメントプラットフォーム)に蓄積された顧客属性、購入履歴、店舗データ、アプリ・ウェブの行動履歴から抽出する。

メッセージ内の指定枠に出し分けたいコンテンツをイメージ画像、バナーかテキストなどで指定することで、セグメント別に関連のあるコンテンツを差し込んで表示。該当者にクーポンを案内したり、特定分野に興味のあるユーザー限定で情報を提供したりできる。セグメントを一度定義しておけばリストは自動更新する。

よろしければこちらもご覧ください
350
350
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル