セグメント とは 意味/解説/説明

用語「セグメント」が使われている記事の一覧

全 114 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

これまでの記事で紹介してきたGoogleアナリティクスのセグメントを、まとめて効率よく活用するためのガイドを総集編的にまとめてみた。今回が最終回だ。

フィルタでの「AND」「OR」指定を正しく使いこなして、よりピンポイントなセグメントを作れるようになろう。

サイトに訪れるユーザーがどのくらいリピーターとして定着しているか? 集計期間内の繰り返し訪問数でユーザーをセグメントして調べよう。

「想定した順番で、ユーザーがコンテンツを閲覧した訪問」は、本当に成果に結びついているのかどうかを調べたい。

問い合わせや資料請求までもう1歩だった「可能性の高い潜在顧客」を分析して、コンバージョン増につなげるには?

メルマガでサイトに誘導したセッション(訪問)に絞り込むセグメントを使って、メルマガ経由のセッション(訪問)に絞り込み、行動を観察する方法を紹介する。

無料ユーザーと有料ユーザーを分析して、有料ユーザーを増やすためのヒントがないか探ってみよう。カスタム変数やカスタムディメンションといった、少し高度な仕組みを使ったデータ収集・分析の方法を解説する。

コンバージョンしやすいだろう「購買意向の強いユーザー層」をGoogleアナリティクスのデータから判断し、AdWords広告に活かす方法を解説する

ソーシャルメディアからバズったコンテンツにやって来た新規ユーザーが、その後サイトの顧客としてどれぐらい定着しているのかを確認する方法を解説する。

セグメント機能の利用には、いろいろな制限事項がある。今回は作成可能なセグメント数、適用できるセグメント数、フィルタの総数などについて、ヘルプを参照しながら解説する。

Webサイトに来てくれたユーザーは、実際にどういった行動をサイト内でしているのか。非ブランドワード検索で来た人は、その後、ホントにブランドワードで検索して来てくれるのか? ユーザーの行動を理解するために、あらかじめ想像したシナリオどおりにユーザーが行動しているか分析する方法を解説する。

今回は、新規訪問なのに、そのままコンバージョンに至った成功パターンから、成功の要因を学べないかという話をしよう。新規訪問でコンバージョンに至ったケースから成功パターンを抽出して、それを他のページにも応用するための方法だ。

購買頻度が高かったり、まとめ買いをしたりする特定のユーザーの行動をGoogleアナリティクスを使って分析することで、そういったユーザーに魅力的なサイトへと改善するためのヒントを得よう。

サイト訪問歴があり、かつ実店舗に来られるユーザーだけを店舗へ誘導するために、Googleアナリティクスのセグメント機能を使ってAdWords広告を出す方法を解説する。

メルマガ配信停止ユーザーが無視できないぐらい増えたときに、その原因を探り、メルマガやサイトを改善するためのヒントを得たい。

商品やサービスに関心がありそうなユーザーにAdWords広告を出稿して、購入の可能性を高めるためのリマーケティングリストを、複数のセグメントをもとにしたリマーケティングリストをAdWords側で自由に組み合わせるワザとともに紹介する。

「画面解像度が低い」ということから起きている問題をアクセス解析データから発見し、対処すべきかどうかを考察するのに役立つセグメントを紹介しよう。

これを理解しなければセグメントの達人にはなれない! 大別して「セッションベース」と「ユーザーベース」の2つがあるセグメントだが、今回は「セッションベース」のセグメントの指定方法、セグメント機能の条件設定時の利用を説明する。

目指せ脱初心者!今回は「ユーザーベース」のセグメントについて理解しよう。ここを押さえておくことが、セグメントマスターへの大切な一歩だ。

Google アナリティクスにはセグメント機能が使えないレポートや、使えるが注意が必要なレポートがある。それらをまとめて解説する。

訪問動機がわからないノーリファラーユーザーの訪問を分析して、具体的な対策を立てるためのヒントを得られないだろうか。

定期的に必要となる商品を販売しているeコマースで、既存顧客に対して、リピート購入を促進する方法を解説する。

今回は、「新規訪問ユーザーが直帰した訪問」を分析する方法を解説する。初めてサイトを訪問した人が、一目で「ここは思ってたのと違う」と思ってしまう理由は何なのかを、もてなしがきちんとうまくいっていないのではないかという視点で考えてみる。

A/Bテストの実行結果を詳しく分析したいときに役立つセグメントの作り方を解説する。Googleアナリティクスでできる「ウェブテスト」についても、軽く紹介している。

1年に1度、更新・購入をしてもらう製品・サービスで、前年度のサイト訪問、購入状況を分析して、次年度の集客戦略に活用する方法を解説する。

無料ユーザーからヘビーユーザーを抽出してユーザーリストを作成し、その条件にあうユーザーだけに対して、有料プランへの移行を勧めるAdWords広告を出稿する方法を解説する。

今回は、スマートフォンユーザーに絞り込んで、モバイル環境から閲覧しにくいページの改善に活かすためのヒントを得る方法を解説する。

フィルタで除外指定をするときは、ベン図を使って考えよう。Googleアナリティクスの設定だが、「集合」と「論理」だと考えるとわかりやすい。

コンテンツマーケティングが短期的にどれぐらいの効果を上げているのか、それをアクセス解析で確認するためのセグメントを、ECサイトを題材に紹介する。

明らかにお客さんにはなりそうもない、あるいは呼び寄せたくないユーザーにAdWords広告を出さないようにして、出稿効率を高める方法を解説する。

Googleアナリティクスのレポートでは、コンバージョンに直接貢献したように勘違いしやすいチャネル(参照元)の表示がある。どういった場合にそういう勘違いにつながるのか、それがどの程度あるのかを知って、正確な参照元情報に基づいた正しい流入施策を考えるには?

なぜそのユーザーはうちのサイトに来たのか。その「訪問動機」を考えて対応するために、「どこから来たのか」でユーザーを分けて分析してみよう。まずは、集客の質を探るための3つの基本的なセグメント「検索」「参照」「ノーリファラー」を使いこなすためのセグメントの使い方を説明する。

直近の購入頻度が高い顧客の特徴は何かを分析して、それをさらに伸ばすような施策を検討する方法を解説する。

ブログ読者にだけAdWords広告を出稿して購入の可能性を高めるためのセグメント、リマーケティングリストを紹介しよう。

平日と休日でユーザーの閲覧行動に違いがあるのかを分析して、公開するコンテンツの傾向を変えるべきかを判断するヒントを見つけよう。

コンバージョンを増やすために、仮説を立ててセグメントを作るのではなく、すでに成果が出ているグループをデータから見つけ出し、セグメント化し、AdWords広告を出稿して、効率よく購入を促す方法を解説する。

「衝動買いユーザー」と「じっくり検討買いユーザー」の行動パターンを把握・分析して、コンバージョンを増やすチャネル施策を考えるには?

あの企業の人がうちのサイトを見ているのならば、営業すれば響くはずだ――それならば、分析しようではないか。企業ユーザーの閲覧行動を分析して、資料請求や問い合わせにつながるようにサイトを改善したり、営業活動に活かすには?

複数プロモーションの効果を測定するために、逆にそれらの影響を取り除いた「自然なアクセス」を確認するセグメントの作り方を解説する。

コンバージョンまたはトランザクションしたユーザーと似た行動を取っているユーザーに絞り込んでAdWords広告を出し購入を促す方法を解説する。

検索連動型広告から初めてサイトにやって来て、その訪問時は商品購入に至らなかったユーザーが、その後サイトを訪問して購入に至ったかを調べて、広告が有効だったのかを確認する方法を解説する。
非ブランドワードによる検索連動型広告で初回訪問時に非購入だったユーザーに絞り込むことで、見えてくる広告効果があるのだ。

最適なタイミングでフォローメールを送信できるように、セグメントを使って、顧客の購買意欲が上がる時間帯を調べる方法を解説する。

eコマースサイトで、商品の併せ買いの傾向を把握して、特定の商品や商品群を購入したユーザーの行動を役に立てる方法を解説する。

サイトの成長戦略のカギとなる「新規ユーザー」と「リピーター」の利用状況を分けてデータを見るためのセグメントの使い方を説明する。

一見さんユーザーがヘビーユーザーになるきっかけとなった訪問を特定して、その転換効率を高める施策のヒントにするには?

メルマガ購読者をよりWebサイトへ引き寄せる方法はないだろうか。そんな問題意識を持ちながら、メルマガユーザーの行動を分析してみよう。

メディアサイトなどで、再訪問してきて直帰する「直帰リピーター」は、本当におなじみさんなのか、検証する方法を紹介する。「直帰は、訪問目的を達成し、満足して帰ったよい訪問かもしれない」と信じてかかるのではなく、データで検証してみよう。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

【速報5】新しいセグメント機能で、自分専用のセグメントを作成する(第77回)

今回は新しい強力なセグメント機能を使って、条件を細かく設定して自分専用のセグメントを作成する方法について解説する。
記事の後半では、「コンバージョンしたユーザーが、コンバージョン以前にいつごろからどんなコンテンツを見ていたかを調べる」方法も解説している。

eコマースの「今月/今週のオススメ」ページは、本当のところ、どれぐらい成果を上げているのか、セールページを見た人のコンバージョン率は、見ていない人よりも高いのか、お薦めした商品を本当に買っているのか、などを検証する方法を解説する。

特定のブラウザやバージョンで起きている問題を突き止めて、すぐに対処すべきか、後回しにしてよいかを判断するヒントを得たい。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]