コメント投稿

データを扱うマーケティング担当者なら多変量解析の知識は必要である。【因子分析編】

データを扱うマーケティング担当者なら多変量解析の知識は必要である。【因子分析編】
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

膨大なデータを集計して傾向を見ることが「データ分析」だと思っているマーケティング担当者も多いと思います。時系列で並び替えてみたり、いろんな視点でデータを眺める作業をすることで何か面白い視点はないかと作業を続けるわけです。

しかし、多くの場合そのような集計レベルでは面白い示唆を得ることはありません。集計だけでも非常に大変な作業であり、重要ではあるのですが、その作業だけでは何も見つからないのだから、マーケティング担当者としては段々と嫌になってくるものです。

では、どうすればデータから有益な何かを見つけ出すことが出来るのでしょうか?集計レベルから一段階レベルアップするにはどうすれば良いのか?その一つのヒントは「多変量解析」であると私は考えています。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
240
240
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル