覚えておいて損はない!顧客を動かすマーケティング心理学6+20選

「満足度97%!」というキャッチコピーは見かけても、「不満足度3%!」というキャッチコピーは見かけませんよね? それはなぜでしょうか? ちゃんとマーケティング心理学に基づいた理由があります。 今回はそうしたマーケティング心理学を、全部で26個紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングに「心理学」を使われていることをご存じでしょうか。

心理学として有名なものに「サブリミナル(意識下)効果」があります。これは文字や画像の表示自体が瞬間的であっても、知らないうちに人に影響を与える効果のことです。

このように広告やマーケティング業界では、心理学が使われているのです。適切に心理学を活用することで、自社の魅力を伝えることができるのです。

今回Grabでは心理学について解説しています。取り入れやすい方法も紹介しているため、最後までお読みいただき、参考にしていただけると幸いです。

紹介している心理学

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]