SCAT とは 意味/解説/説明 (スキャット) 【Steps for Coding and Theorization】

よろしければこちらもご覧ください

読み方

スキャット

略語/フルスペル/訳語

Steps for Coding and Theorization

社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって得られたデータにコードを付け(コーディング)、そのコードをもとに理論化を行う。

このコーディングがうまくできなかったり、付けられたコードを理論に結びつけられなかったりするため、SCATでは、データをセグメント化したうえでマトリックスに当てはめ、それを4つのステップでコーディングしていったうえで、理論の記述に導いていく手法。

参考:
SCAT Steps for Coding and Theorization 質的データの分析手法
4ステップコーディングによる質的データ分析手法SCATの提案 ―着手しやすく小規模データにも適用可能な理論化の手続き―

この記事が役に立ったらシェア!

用語「SCAT」が使われている記事の一覧

全 2 記事中 1 ~ 2 を表示中

HCD-Net通信

人間中心設計のためのインタビューで得たデータの分析法 - GTAとSCAT/HCD-Net通信 #18

インタビューなどで集めたデータの分析手法であるGTAとSCATに関して解説する。
先週のWeb担まとめ記事

ネット広告に未来はあるのか? ~ネット広告サバイバル - 11/28~12/4のWeb担の記事まとめ

注目記事は「なぜCMSを導入するのか? 企業Web戦略基盤を支えるCMS」など。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]