アルファサードが「やさしい日本語」での発信を支援するウェブサービスの提供開始

「やさしい日本語化エンジン」開発、テキストやウェブページを平易な日本語に変換

ウェブアプリ企画制作・ソフト開発のアルファサードは、機械学習による「やさしい日本語化エンジン」を独自開発し、災害で避難中の在留外国人や知的障害者への情報伝達に役立つ「やさしい日本語」での発信を支援するウェブサービス「伝えるウェブ」の提供を始めた、と7月11日発表した。テキストのほかウェブページ単位にも一部対応し、平易な日本語に変換する。利用は無料。

このシステムは日本語を短く分割して文末表現を統一するなどの処理をした後、災害情報や最近のニュースで使用される日本語フレーズ(約2万5000語)を学習させ、簡単な日本語に機械翻訳する。やさしい日本語は語いを制限して表現する技術を指し、災害時に外国人に避難を促すために考案された。難しい言葉を避け、漢字にふりがなを付け、日本語の初学者でも分かりやすくしている。

アルファサードは、災害情報のクリッピング情報をやさしい日本語で提供する「Twitter」アカウントの運用を試験的に開始した。伝えるウェブにアクセスし、テキスト変換入力ボックスにテキストを入れ、ウェブページがある場合はURLを入力して「変換」ボタンをクリックすると、1文あたり1つのツイート(投稿)ボタンが表示される。ただ翻訳結果の正確性については保証していない。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ロボット
検索エンジンがWebページの検索用のデータベースを作るために使う、インターネット ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]