【漫画】デジマはつらいよ シーズン1

オンオフは関係ない! お客様に関わる社員全員がマーケターなんです・最終話

サブスクサービスに反対した営業部と和解。デジマチームは最後の経営会議に臨む。

ページ

第17話のまとめコラム:「デジマはつらいよ」で伝えたかったコト(中澤伸也)

こんにちは、「デジマはつらいよ」原案者の中澤です。

マーケティング支援企業のReproでCMOをやっています。noteで定期的に情報発信もしているので、興味ある方はそちらも覗いてみてください。

全17話にわたり連載してきた「デジマはつらいよ」も、今回がいよいよ最終話となりました。これまでお読みいただいた読者の皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんのマーケティング活動に何かのヒントになることができたとしたら、それに勝る喜びはありません。ぜひTwitter等でご感想をお寄せいただけますと、これからの活動の励みになります。

デジタルマーケターはDX推進の主役に

いま世界は、リアルがデジタルに内包される「アフターデジタル化」した社会に変化しつつあり、その動きはコロナショックにより加速度を増しました。

その中において、デジタルトランスフォーメーション(DX)はもはや待ったなしの状況となっており、企業だけでなく日本国そのものもデジタルを軸とした新たな顧客価値、顧客体験(CX)の構築に向かって動き出しています。

この動きを推進していくためには、顧客のインサイト(真の欲求)を洞察し、デジタル技術を用いて、それを満たす顧客価値を体験として構築することが必要となります。

そして企業の中でもっともデジタルに精通し、日々顧客の気持ちを考え、顧客体験の向上に邁進し続けているのがデジタルマーケターです。それを考えれば、このデジタルトランスフォーメーションの動きの中で、デジタルマーケターはその推進の中心的役割を果たしていくのではないでしょうか?

いや、果たしていかなければならないと、中澤は考えています。

DX推進を担うこと事で、本来のマーケティングの本質に立ち戻ること事ができた

私は2020年の4月まで約5年間のあいだ(株)IDOM(中古車のガリバー)にて、デジタルマーケティング責任者の任にあり、DXの推進者として活動してきました。

約4年前に、当時国内でも珍しかったチャットコマース的なサービスである「クルマコネクト(現在はMyGulliver)」を立ち上げ、昨年にはたぶん国内初となる、AIを用いてアプリだけでクルマの査定から売却までを完結させる「ガリバーオート」サービスを立ち上げました。 おかげさまで両サービスとも多くのお客様に支持していただき、現在ではIDOMの中心的なサービスの一つに成長しています。

これらのサービスをゼロから立ち上げていくにおいては、マーケターとして、本来のマーケティングの役割である「4P」または「4C」全体を担う必要があり、また顧客のインサイトを改めて洞察し直し、顧客価値そのものを創造する必要がありました。

デジタルマーケティングに約20年関わってきましたが、正直このプロセスは自分自身も経験がなく、まさに手探りの中で、改めてマーケティングの本質とは何かを突き詰めて考えるきっかけをくれた取り組みでした。

※「4P」とはマーケティング活動の基本的な構成要素であるり、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通チャネル)、Promotion(宣伝・販促活動)のことです。

デジタルマーケターのスキルをアップデートする必要がある

これから各企業がDXを成功に導くことができるのかどうかは、日本の将来を大きく左右する問題です。グローバル化しデジタル化した社会の中で日本がプレゼンスを維持するためには、DXを実現させ、新たな顧客価値の創出を多くの企業が実現していく必要があります。その中心的な役割を果たすのがデジタルマーケターです。

ただ、デジタルマーケターがその役割を果たしていくためには、プロモーションの領域だけでなく、その一歩上流となるマーケティング全体、つまり本来マーケターが担うべき役割を果たしていくことが求められます。そのためには、マーケティングのより本質的なスキルを身につけなくてはなりません。

「デジマはつらいよ」は、このマーケターに求められる本質的なスキルを、何とか多くのデジタルマーケターにわかりやすく伝えることができないか?という想いから生まれた漫画です。

漫画連載のきっかけとなったのは、「Web担当者Forum」のセミナー講演(2018年11月)です。「Web担当者Forum」元編集長の安田英久さんから依頼を受け、これまでの20年間で培ってきた自分のマーケティング経験とDX推進の経験を、自分の部下の教育のために「メソッド化」し、発表しました。

この講演は 「中古車の『ガリバー』が実践、PDCAを回せるデジタルマーケターを育成する方法」というタイトルで記事にもなっています。

この漫画が、日本のデジタルマーケターがよりいっそう活躍していくキッカケの一つになったとしたら、とても嬉しいです。

最後に、この漫画企画を実現していただいた安田元編集長、四谷志穂編集長、編集担当の内藤貴志さんをはじめとするWeb担編集部の皆さん、素敵なマンガにして下さった星井博文さん、souさん、トレンドプロの皆さん、そして何よりも今までお読み下さった読者の皆様、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを胸に、デジマはつらいよ(シーズン1)を終わります。

(原作者: 中澤伸也)

「デジマつらいよ」シーズン2はこちら→

【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

LTVがマーケティングに使えない理由は「期間」にあり!? /【漫画】デジマはつらいよ2・第16話

虎が説く「厳密な意味でLTVを使わずに顧客と経営をつなぐマーケティング」とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...4/28 7:00590
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

顧客維持率を可視化できる「コーホート帳票」とは何か? /【漫画】デジマはつらいよ2・第15話

虎は、顧客維持率と限界利益を可視化する独自の方法を、社長へ説明する。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...3/31 7:0013140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

経営層はなぜマーケティングに予算を割いてくれないのか? /【漫画】デジマはつらいよ2・第14話

顧客を資産と見なし、マーケ予算を財務諸表とリンクさせるCEMとは何か?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2/28 7:0035180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

売上アップには顧客維持が必須! 予算獲得のカギは財務諸表にあり? /【漫画】デジマはつらいよ2・第13話

顧客獲得に比べて軽視されがちな顧客維持のための投資。どのように説明すれば経営陣の理解を得られるのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...1/31 7:0031140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

クーポンやポイントでは顧客との関係は築けない!? マーケティングを成功させる3つの条件とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第12話

狭義のマーケティングの目的は「顧客との関係構築」だとする虎。その度合いを測る基準は何にすべきなのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/12/22 7:001490
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

虎が講演会に登壇!「集客・販促=マーケティング」ではない理由とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第11話

伝説のマーケター・京極虎が「マーケティングとは何か?」という大きなテーマで講演を行うことになった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/11/30 7:0014131
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サイト表示速度を向上させるSPAって何だ!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第10話

SEOの重要指標コアウェブバイタルとWebサイト表示速度の具体的な向上方法とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/10/29 7:007210
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

Webサイトの表示速度がコンバージョン率に影響!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第9話

大島電気ECサイトのコンバージョン率が伸び悩んでいる原因は、Webサイトの表示速度だった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/9/30 7:0061342
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

コンバージョン率の成長が止まったECサイト! 虎に秘策はあるのか!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第8話

家電量販店のEC事業部長・白井は、ECサイトのコンバージョン率が2年間伸びてないという悩みを抱えていた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/8/31 7:0010180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

エンゲージメント向上は急がば回れ。オンボーディングで顧客との関係性を早期に構築せよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第7話

虎が提案したオンボーディング・プログラムとはどのような内容なのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/7/30 7:005230
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

ロイヤルティプログラムの弱点!? なぜ初期ユーザーのエンゲージメントを高められないのか?/【漫画】デジマはつらいよ2・第6話

サブスクの継続利用率アップのための秘策として、虎が提案したのは、オンボーディング・プログラムだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/6/30 7:0072160
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サブスクの継続利用率が急落!! KPIに変化なし。どうすればいいの?/【漫画】デジマはつらいよ2・第5話

男性用化粧品のマーケティング担当者・鈴木浩一。継続利用率下落の理由がわからず、虎のバーを訪ねることにした。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/5/31 7:0016190
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

社長プレゼンなんて怖くない!?「説得するな。正しく判断するための情報を渡せ」/【漫画】デジマはつらいよ2・第4話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこは、伝説のスゴ腕マーケター・京極虎から、「決裁承認の場は、経営陣を説得する場ではない」というアドバイスをもらったのだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/4/28 7:003171
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

突然の社長プレゼンで大ピンチ!「決裁承認の場は経営陣を説得する場ではない」ってどういうこと!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第3話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこ。決裁承認をとらなければいけない重圧に耐えかねて、虎のバーを訪ねた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/3/31 7:008151
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

キャリアアップに大事なのは「自分の北極星」 5年後のキャリアイメージなんてザックリでいいのよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第2話

マンガ新連載! 「もっと成長したい!」と悩むECディレクター・ユミに、瞳は2つのアドバイスを送った。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/2/26 7:0010212
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

マーケター改めコンサルタント瞳登場!キャリアアップできる転職の秘訣とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第1話

マンガ新連載! 伝説のマーケター・京極虎がバーテンダーに転身!? 社内で実績を積むか転職か、悩めるマーケターの問題解決に挑む。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/1/29 7:0013240

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]