【漫画】デジマはつらいよ シーズン1

アクセサリーのサブスクリプション!? 真のインサイトは「気持ちのスイッチ」だった・第14話

真のインサイトを発見したルリたちは、ついにOMOプロジェクトの新規サービスを考え出した。

ページ

第14話のまとめコラム:OMOにおける顧客体験価値設計(中澤伸也)

こんにちは、「デジマはつらいよ」原案者の中澤です。

マーケティング支援企業のReproでCMOをやっています。Noteで定期的に情報発信をしているので、興味ある方はそちらものぞいてみてください。

今回、主人公のルリと和尚さんは、ついに顧客のインサイトを見つけ、それを満たすための価値(バリュープロポジション)を見出し、それを実際の体験として実現するサービスである、アクセサリーのサブスクリプションサービスを考案するに至りました。

日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)の教科書とも言える『アフターデジタル』、そしてつい先日発売された『アフターデジタル2』の中で、著者である藤井保文さんも繰り返し述べていますが、DXの本質は「優れた顧客体験価値の創造」にあります。

またデジタル化された社会においては、オンラインとオフラインの境界線が曖昧になり、その中においてユーザーは、それぞれの状況や場面に応じて、もっとも心地良いと思われるチャネルを自由に選択するようになります。それに対応していくことが、OMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)であると述べています。

そして、OMOにおける顧客体験の価値設計とは、オンライン/オフラインを統合的に考え、一体となったUX(ユーザーエクスペリエンス)を設計し、1つの体験価値を作り出すことをゴールに進めていく必要があります。

オフラインの役割を見直す必要性

OMOを考えていく上で避けて通れないのが、店舗や店員といった既存のオフライン資産の役割、全体のユーザーエクスペリエンスの中における機能の見直しです。

これまでの「商品を並べる場所」「お客様に物品を販売する場所」「決済する場所」といった機能から、全体のUXを考えた場合、どのような機能を果たす顧客接点であるべきかといった問い直しが必要になります。

今回の漫画の事例では、店舗や店員の役割を「カウンセリングする場所」という風に、機能・価値をリポジショニングしています。

このリポジショニングを、以前解説したテックタッチ・ロータッチ・ハイタッチの考え方で説明すると以下のようになります。

アプリやWebを日常的に顧客接点が持てるデジタル接点(テックタッチ)として位置づけ、コンテンツや今日のオススメストーン診断(作中では出てきません)といったアプローチで、接触回数を増やす。

そこで得られたデータをもとに、チャットで店員がアドバイスを随時行う(ロータッチ)。

そして実際の物品を見ながら、より本格的なカウンセリングが行える場所として店舗や店員を位置付ける(ハイタッチ)。

この3つの接点でOMOとしての統合的なユーザーエクスペリエンスを実現し、トータルでの体験として価値を提供する、ということを行おうとしています。

デジタル接点はオフラインである店舗や店員の「置き換え」になるのではなく、それぞれのチャネルが、それぞれの役割を相互補完の関係で担う。そういった考え方に基づいてオフラインの価値を見直す必要があるのです。

オンラインとオフラインは対立するものではない

ここまで解説してきて、すでにご理解いただけているかと思いますが、OMOの概念においては、オンラインとオフラインは対立するものや、代替するものではありません。残念ながら現在OMOの議論がされる場合、この考え方がまだ浸透しきれていない感があります。

もしかしたら、オンラインにオフラインの売上が奪われる、オンライン経由でオフラインに送客する(O2Oの考え方)、といった会話がいまだ社内で行われているケースもあるのではないでしょうか?

これはとても不思議なことです。

なぜならば、皆さんもすでに日常の生活の中では、オンラインもオフラインもほとんど意識していないというのが実態ではないでしょうか? 知り合いと会えばその場で直接会話するし、別れたあとは、自然にLINEで会話を続けているはずです。

すでにユーザーは、オンラインとオフラインのマージされた世界に生きており、その時々の状況に応じて、自分にとってもっとも都合が良く気持ちの良い手段を選択しているにすぎません。よって、企業やサービスも、このユーザーの実態に合わせていくことが自然になります。

お客様は、あなたの会社やサービスを、オンラインもオフラインも関係なく1つのモノ・サービスと見なしているはずです。そして、その状況に応じた選択肢の自由度が高ければ高いほど、そのサービスに対して価値を感じるのではないでしょうか?

CXOの必要性

日本ではまだあまりなじみがありませんが、すでに海外ではCMO(Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者)とは別に、または代わりに、CXO(Chief Experience Officer:最高エクスペリエンス責任者)という役職が市民権を得つつあります。まさにOMOの時代において、オンラインやオフラインを問わず、総合的な顧客体験を設計し、全社的な責任を担う役職です。

CXOを設置している企業では、会社の文化として「顧客体験」の重要性が浸透しており、売上やCPAといった言葉より先に、「顧客体験はどうなってる?」「UXはしっかりと体験価値を提供できているのか?」といったやりとりがされるそうです。

真に顧客目線を持ち、ユーザーの求める顧客体験を実現させる、そのような気持ちをマーケターとして常に持っていたいものです。

それではまた、次回お会いしましょう!

次回に続く

「デジマつらいよ」シーズン2はこちら→

【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

LTVがマーケティングに使えない理由は「期間」にあり!? /【漫画】デジマはつらいよ2・第16話

虎が説く「厳密な意味でLTVを使わずに顧客と経営をつなぐマーケティング」とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...4/28 7:00590
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

顧客維持率を可視化できる「コーホート帳票」とは何か? /【漫画】デジマはつらいよ2・第15話

虎は、顧客維持率と限界利益を可視化する独自の方法を、社長へ説明する。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...3/31 7:0014140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

経営層はなぜマーケティングに予算を割いてくれないのか? /【漫画】デジマはつらいよ2・第14話

顧客を資産と見なし、マーケ予算を財務諸表とリンクさせるCEMとは何か?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2/28 7:0035180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

売上アップには顧客維持が必須! 予算獲得のカギは財務諸表にあり? /【漫画】デジマはつらいよ2・第13話

顧客獲得に比べて軽視されがちな顧客維持のための投資。どのように説明すれば経営陣の理解を得られるのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...1/31 7:0032140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

クーポンやポイントでは顧客との関係は築けない!? マーケティングを成功させる3つの条件とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第12話

狭義のマーケティングの目的は「顧客との関係構築」だとする虎。その度合いを測る基準は何にすべきなのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/12/22 7:001490
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

虎が講演会に登壇!「集客・販促=マーケティング」ではない理由とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第11話

伝説のマーケター・京極虎が「マーケティングとは何か?」という大きなテーマで講演を行うことになった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/11/30 7:0014131
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サイト表示速度を向上させるSPAって何だ!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第10話

SEOの重要指標コアウェブバイタルとWebサイト表示速度の具体的な向上方法とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/10/29 7:007210
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

Webサイトの表示速度がコンバージョン率に影響!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第9話

大島電気ECサイトのコンバージョン率が伸び悩んでいる原因は、Webサイトの表示速度だった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/9/30 7:0061342
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

コンバージョン率の成長が止まったECサイト! 虎に秘策はあるのか!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第8話

家電量販店のEC事業部長・白井は、ECサイトのコンバージョン率が2年間伸びてないという悩みを抱えていた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/8/31 7:0010180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

エンゲージメント向上は急がば回れ。オンボーディングで顧客との関係性を早期に構築せよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第7話

虎が提案したオンボーディング・プログラムとはどのような内容なのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/7/30 7:005230
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

ロイヤルティプログラムの弱点!? なぜ初期ユーザーのエンゲージメントを高められないのか?/【漫画】デジマはつらいよ2・第6話

サブスクの継続利用率アップのための秘策として、虎が提案したのは、オンボーディング・プログラムだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/6/30 7:0072160
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サブスクの継続利用率が急落!! KPIに変化なし。どうすればいいの?/【漫画】デジマはつらいよ2・第5話

男性用化粧品のマーケティング担当者・鈴木浩一。継続利用率下落の理由がわからず、虎のバーを訪ねることにした。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/5/31 7:0016190
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

社長プレゼンなんて怖くない!?「説得するな。正しく判断するための情報を渡せ」/【漫画】デジマはつらいよ2・第4話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこは、伝説のスゴ腕マーケター・京極虎から、「決裁承認の場は、経営陣を説得する場ではない」というアドバイスをもらったのだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/4/28 7:003171
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

突然の社長プレゼンで大ピンチ!「決裁承認の場は経営陣を説得する場ではない」ってどういうこと!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第3話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこ。決裁承認をとらなければいけない重圧に耐えかねて、虎のバーを訪ねた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/3/31 7:008151
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

キャリアアップに大事なのは「自分の北極星」 5年後のキャリアイメージなんてザックリでいいのよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第2話

マンガ新連載! 「もっと成長したい!」と悩むECディレクター・ユミに、瞳は2つのアドバイスを送った。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/2/26 7:0010212
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

マーケター改めコンサルタント瞳登場!キャリアアップできる転職の秘訣とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第1話

マンガ新連載! 伝説のマーケター・京極虎がバーテンダーに転身!? 社内で実績を積むか転職か、悩めるマーケターの問題解決に挑む。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/1/29 7:0013240

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]