国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

毎年4月4日は「404エラーの日」!?(グーグル公式) など10+4記事

コンテンツマーケティングやApp Indexing、スマホSEOなどの情報も

ページ

今週のピックアップ

毎年4月4日は「404エラーの日」!?(グーグル公式)
★★★★☆ 404エラーについて再確認する日 (Google Webmasters on Google+)

挿絵

「4月4日」にちなんで404エラーのTIPSを、グーグルのウェブマスター公式アカウントがGoogle+で投稿した。すでに4月4日は過ぎてしまっているが、おもしろいので紹介しておく。

サイトに発生しているクロールエラーをすべてチェックしてみましょう。そのURLが、404を返すべきURLだったり知らないURLだったりするなら無視してかまいません。

404ページが「ソフト404」になっていないように十分気を付けてください。存在しないページは正しい404または410を返さなければなりません。

404についてのさらに詳しい情報はヘルプセンターを参照してください。
https://support.google.com/webmasters/answer/2409439

ポイントを整理すると次のとおりだ。

  • アクセスできるはずのページが404を返していたら、それは問題だ。すぐに対処しなければならない。

  • コンテンツが存在しないURLならば、404を返すのは当然だ。

  • さらに言えば、コンテンツが存在しないURLならば、正しくHTTPステータスコードで404(または410)を返さなければならない。見た目はエラーページであっても200を返す状態を「ソフト404」と呼ぶ。検索エンジンはソフト404を好まない。

  • 存在しないことがわかっているURLに対してウェブマスターツールでクロールエラーが大量に発生していたとしてもそれは正常なことなので何も心配いらない。逆に404としてレポートされていないほうがおかしい。

404に関するヘルプページも見て、404について再度確認しておこう。

来年の4月4日は、エイプリルフールに負けずに404エラーの日として盛り上がる……のだろうか。

日本語で読めるSEO/SEM情報

成功事例から学ぶコンテンツマーケティングの極意
★★★★★ ノウハウを惜しげもなく公開 (知らないと損をするサーバーの話)

コンテンツマーケティングといわれて、

とりあえず、面白そうなコンテンツをつくっておけば良いんでしょ?

と思っている方に向けた、松尾茂起氏によるコンテンツマーケティングのハウツー記事。松尾氏自身がコンテンツマーケティングで数々の実績を収めており、そのノウハウを惜しげもなく公開したものだ。

「コンテンツマーケティング」とは何かについて、松尾氏はごく簡単に次のように定義している。

「ユーザーにファンになってもらうためのコンテンツを展開する」ということ

そして、コンテンツマーケティングを実行するステップとして、次の6つのステップで進めるようにアドバイスしている。

  1. ターゲットの想定(プロファイリング&ペルソナ作成)
  2. 露出経路の準備(SEO、検索連動広告など)
  3. コンテンツの作成
  4. コンテンツの継続的なブラッシュアップ
  5. 見込み客の育成(リードナーチャリング)
  6. 販売(セリング)

わかりやすい例を挙げながら、松尾氏が実践してきたコンテンツマーケティングを手取り足取り教えている(この記事自体が同社のコンテンツマーケティングになっている)。

長い記事であるが、何度も読み直して、ぜひ自分のものにしたい。

手動対策の自動解除や重複コンテンツの解消法など、グーグル社員が解説
★★★★☆ 有用なQ&Aが多いオフィスアワー (ウェブマスター オフィスアワー on Google+)

グーグルジャパンのサーチクオリティチームが主催する、Google+のハングアウトオンエアを利用したウェブマスター向けオフィスアワーを、今回も紹介する。

「手動対策の自動解除」や「重複コンテンツの解消法」など、前回に続いて多くの質問に対して田中氏と長山氏が回答している。3月19日に開催したものだが、情報として古くなってはいないので安心してほしい。まだ視聴してなければチェックしておこう。

次のオフィスアワーは、4月16日(水)17:00~17:30の予定だ。参加できなかったとしても、質問を事前に書き込んでおけば当日答えてもらえるので、後日録画で確認すればいい。

イベントのマークアップが重要に? グーグルマップで表示される可能性も?
★★☆☆☆ 今のうちに仕込んでおくといいかも (Yuko Oshima on Google+)

アーティストのコンサート情報などをナレッジグラフに表示できる機能をグーグルが導入したことを、前回お伝えした。

多くの読者にとっては興味がわくトピックではなかったかもしれないが、グーグルの社員がGoogle+でこんな推測を投稿していた。

こうした情報が、ナレッジグラフだけでなく、グーグルマップ上でも施設の情報として表示されてくるということだ。

コンサート以外のさまざまなイベントに対応することもありえる。日本武道館や幕張メッセといった種々のイベントが開催される専門の施設はもちろんのこと、顧客を対象にしたあなたの会社でのセミナーやレストランの特別フェアなどを表示することだってできそうだ。

イベントを開催する場合は、将来の可能性も考えて、イベントの構造化データで関連情報をあなたのサイトでマークアップしておくと、ひょっとするといいことがあるかもしれない

ユニバーサルアナリティクスがついに正式公開
★★★★☆ そろそろ移行を真剣に考え始めましょう (アナリティクス 日本版 公式ブログ)

Googleアナリティクスの新しい計測方式「ユニバーサルアナリティクス」が正式版として公開された。ベータ版では使えなかった「リマーケティング」「ユーザー属性レポート」などの機能も、正式版では使えるようになっている。

新しい機能や特徴について、アユダンテさんが公式アナウンス以上に詳しくまとめているので、参照してほしい。

正式リリースされたとはいえ、すぐに移行できない組織も多いだろう。では、いつまでにユニバーサルアナリティクスに移行すればいいのだろうか。ヘルプセンターには、ユニバーサルアナリティクス以前のタグのサポート期間について、次のように書かれている

こうしたデータの処理は、Universal Analytics が新しい運用基準となってから最大 2 年後までは続行されますが、その段階で Universal Analytics 以外のデータ収集手法はサポートが終了し、機能しなくなります。

言葉どおりに受け取るなら、遅くとも2016年3月には以前のバージョンは機能しなくなりサポートが終了する。至急ではないにせよ、ユニバーサルアナリティクスへの移行を真剣に検討し始めるタイミングだと言っていいだろう。

Web担で衣袋氏が最近寄稿したユニバーサルアナリティクスへのアップグレード方法も参考にしてほしい。

さくらインターネットのサーバー利用者に重要なお知らせ
★★★★☆ Googlebotを弾いているかもしれない (さくらインターネット公式サポートサイト)

このコーナーの読者には、「さくらインターネット」のサーバーを利用している方も多いのではないかと思う。さくらインターネットが最近実施した設定変更によりグーグルのインデックスに支障が出ている。

というのも、国外からのアクセスをブロックする機能が追加されたからだ。Googlebotは、米Googleの本社があるマウンテンビューからアクセスしてくる。つまり国外からのアクセスをブロックしていると、Googlebotのアクセスも弾いてしまうのだ。

この変更によって、クロールエラーの多発やFetch as Googleの失敗、ウェブマスターツールのサイトの確認の失敗、インデックスの消滅などさまざまな悪影響が出ている。

公式ヘルプフォーラムでのさくらインターネットのトラブル
グーグル公式ヘルプフォーラムでは、さくらインターネット利用者からトラブル相談が殺到している。

最近になってクロールやインデックスに何らかのトラブルが発生している場合は、さくらインターネットの発表をよく読み、該当していそうであれば「国外IPアドレスフィルタ」を無効化して様子を見るといい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

検索アルゴリズムに関するトピックとschema.orgに関するトピックを今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]