【小説】CMS導入奮闘記――吉祥寺和男の挑戦

プロジェクトのスタート――プロジェクトの裏に見え隠れする国分寺の思惑/【小説】CMS導入奮闘記#7

ページ

[AD]

コラムプロジェクト管理の重要性

CMS導入プロジェクトにおいて、企業担当者の負荷は小さくない。CMSの選定や業者選定をしている際には、なかなかわからないが、実際に大変なのはプロジェクトがスタートしてからである。

担当者の方におすすめしたいのは、プロジェクトが始まる前に「プロジェクト管理」を少しでも学ぶことだ。プロジェクト管理は、制作側だけに有効なスキルではなく、発注をする側にとっても重要なスキルと考え方だ。

多くの制作会社は独自のプロジェクト管理手法を持っているケースがあるが、それに合わせる必要はない。おすすめするのは、世界標準のプロジェクト管理手法である「PMBOK(ピンボック)」の学習だ。

PMBOKは、米国の非営利団体であるPMI(Project Management Institute)が策定する、「A Guide to the Project Management Body of Knowledge(プロジェクト管理知識体系)」の略。4年に一度改定する書籍にまとめられ、事実上プロジェクト管理の標準として世界中で受け入れられている。

PMBOKでは、プロジェクト管理を「スコープ(作業範囲)」「時間」「コスト」「品質」「人的資源」「コミュニケーション」「リスク」「調達」「統合管理」の9つの知識エリアに分け、それらは「立ち上げ」「計画」「実行」「監視とコントロール」「終結」という5つに分類して管理する。

CMS導入は簡単ではない。RFPによって決定されたスコープ、潤沢な予算とスケジュール、最適なCMSの選定、これらの前提条件が揃っていても経験とプロジェクト能力が足りなければCMS導入は失敗する。制作会社のプロジェクト管理能力が足りなかったとしてもプロジェクトが失敗して困るのは企業担当者も同じだ。プロジェクト管理の能力が制作側、企業側双方にきちんと備わっていれば、CMS導入のプロジェクトは成功にかなり近づくだろう。

PMIはPMBOKに準拠した国際的な認定制度「PMP(Project Management Professional)」を展開しており、日本でもPMP取得者が年々増加している。我こそはと思う方はぜひ勉強をしてみるといいだろう。

参考書籍:『Webプロジェクトマネジメント標準


ページ

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]