【小説】CMS導入奮闘記――吉祥寺和男の挑戦

新しいパートナーシップ――プロジェクトチーム結成の日/【小説】CMS導入奮闘記#5

RFPを完成させた吉祥寺は再び相見積もりを取る。いま、最終候補2社のプレゼンが会議室で始まろうとしていた

ページ

[AD]
吉祥寺和男の挑戦——CMS導入奮闘記

前回までのあらすじ 社内ヒアリングを終えた吉祥寺は、新たな外部パートナーの選定へと動き出す。しかし、各社に依頼した見積書は比較しようのないものだった。中野に相談を持ちかけた吉祥寺は、その原因がRFPの有無だと教えられるのだった。(→第4話を読み返す

吉祥寺は、リニューアルの目的を今一度整理し、RFPを作成して再度見積もりの依頼をかける。見積もりの内容を検討し、最終候補が絞り込まれる。ファミリー製薬の面々は、プレゼンから発注先を見極めようとする。

プロジェクトの目的は3つ

それから一週間の間、吉祥寺はRFPを完成させることに全力を注いだ。RFP作成の助けとなったのは、書店で購入した何冊かの手引き書、そして、彼がファミリー製薬のウェブサイトの問題点を細かく列挙した「吉祥寺メモ」だった。彼は、吉祥寺メモの内容の重複部分を削り、項目に優先順位をつけて体系化することこそが、すなわちRFPを作成することであると考えた。十分な観察に基づいた問題点が山のように列挙された吉祥寺メモは、RFPの強力なベースになるはずだった。

吉祥寺メモを整理する過程で、彼は、このウェブリニューアルプロジェクトの目的は、結局のところ3つに絞られるのではないかと考えるようになった。そして、それが確信となるのに、長い時間はかからなかった。その3つの目的を彼は書き出してみた。

  • すべての製品情報を正確なものとし、かつ情報の内容や形式を統一すること
  • 来訪するユーザーが必要な情報にスムーズにたどり着けるようにすること
  • 情報更新と運用をスムーズにすること

――以上の3点が、今回のファミリー製薬のウェブサイトリニューアルプロジェクトの目的であり、それを実現するために導入するのがCMSである。

そう書いてみて、吉祥寺は、長く暗いトンネルからようやく抜け出たような清々しさを感じた。RFPはまだ完成前であり、ましてリニューアルの実作業はまだ始まってもいない。しかし、最も大切な核心をつかんだ手応えを吉祥寺は実感していた。もやが晴れた――。彼はそう思った。

大きな伸びをして、会心の笑みをもらした吉祥寺に神田が

「何かいいことあったんですか?」

と声をかけた。この数日で、神田は自分から吉祥寺に話しかけるようになっていた。ランチミーティングで吉祥寺が語った言葉――「ウェブサイトをリニューアルし、現場の労働負荷を軽減したい」――がどれほど本気なのかを、あのとき以来、神田は密かに注視していた。彼女から見て、吉祥寺は本気だと思えた。本気でウェブサイトを新しくし、本気で現場の矛盾を解決しようとしているように見えた。「この人は信頼できるかも」――そんな思いが、神田の中で日に日に育っていた。

「いいことあったよ。もうちょっとしたら、報告できると思う」

吉祥寺はそう言って、神田に笑みを返した。

2社による最終コンペへ

数日後にできあがったRFPを吉祥寺は代々木と神田に確認してもらい、今回のリニューアルプロジェクトの3つの目的を伝えた。「簡潔でわかりやすい」というのが2人の共通した評価であり、目的にも異論は出なかった。神田は、吉祥寺が言っていた「いいこと」の内容を知って、満足そうな表情を浮かべた。この時点で、リニューアルの方向性はほぼ固まったと考えてよかった。

吉祥寺は、念のために中野にも見てもらおうと考えて、営業部のオフィスに出向いた。中野は、吉祥寺が手渡したRFPにざっと目を通すと、ひと言、「やるじゃん」と言って、にやりとした。吉祥寺にとっては、それだけで十分だった。彼はそのRFPをもとに、再度、4社の外部事業者に見積もりを依頼した。

新たに提出された見積もりは、3社分のみであった。再依頼後、オフィスKENから、「すみませんが、この内容ではうちはちょっと難しいと思います」という連絡があったのである。3社の中で、銘光社が出してきた見積もりは、明らかに他に比べて見劣りするものだった。見積額は1回目と同じ600万円。項目も、必ずしもRFPの内容を反映したものにはなっていなかった。

吉祥寺は、見積書を一緒に確認していた代々木の顔を見た。代々木は、何かが吹っ切れたような涼しげな表情で

「仕方がないですね。新しいことにチャレンジするには、新しい感性が必要です。私にも大月にも、どうやらそういう感性が欠けているらしい。銘光社には外れてもらいましょう」

そう言って、静かに笑った。

吉祥寺と代々木は、残る2社、すなわちD&Hソリューションズとコムコムファクトリーに、見積もりの内容のプレゼンテーションをしてもらうことを決定した。

プレゼンの会場である会議室には、吉祥寺、代々木、神田の他に、情報システム部の秋葉原も同席していた。「今後、何かと共同作業が多くなるから、この段階で意見を聞いておいた方がいい」という理由で、代々木が呼んだのだった。

秋葉原は、3人がすでに席に着いていた会議室に遅れて入ってきた。無言で軽く頭を下げると、吉祥寺の顔をちらりと見やって、すぐに目をそらした。その憮然とした表情がこの男の素なのか、あるいは不機嫌の故なのか、吉祥寺は判断しかねた。

数分後、最初にプレゼンをすることになっているD&Hソリューションズの3人のスタッフが会議室に到着した。40代半ばと思われる部長クラスの男がひとり。ほかの2人はいずれも20代のようだった。3人とも隙のないピンストライプのスーツ姿で、いかにも場慣れしている雰囲気が伝わってきた。

実際にプレゼンを担当したのは若い2人だった。彼らは、押しの強い語り口で、これまでの企業サイト構築やリニューアルの実績について蕩々と語り、企業のウェブサイトに今何が必要とされているかを独自の見解として述べた。話に出てくる企業名は、有名な大手上場企業ばかりだった。「グループとしての総合力」「一気通貫」「ワンストップ」「豊富な人材リソース」「多様なニーズへの対応」――。そんな言葉が掃射砲のように次々と出てきて、聞く者を圧倒した。

次のページへ

ページ

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]