Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

機器・ソフト購入情報源はテレビ+口コミ/Wii、PS3、Xbox 360 最新ゲーム機に関する調査

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、最新ゲーム機(Wii、PS3、Xbox 360)に関する調査を行った。

2005年12月発売のXbox 360や2006年11月に発売のプレイステーション 3(以下PS3)に続いて、2006年12月にはWiiが発売され、さまざまな家庭用ゲーム機が登場し、ゲーム業界は熾烈を極めている。

今回は、ユーザーの利用動向や情報共有におけるインターネット活用の有無、またWiiでのインターネット利用について調査した。

※調査概要に関しては、記事の末尾に記載している。

「Wii」は30・40代の女性に、「PS3」は10・20代の男性に人気

購入した最新ゲーム機について尋ねた(Q1-1)ところ、「Wii」が83.8%と圧倒的に多く、次いで「PS3」が34.6%、「Xbox 360」が11.8%と続く結果になった。

[Q1-1]あなたが購入した最新ゲーム機は以下のどれですか?

Wiiについては、発売後1か月足らずで100万台を突破し、PS3やXbox 360に圧倒的な差をつけていた(※参照:Wiiの販売台数が早くも100万台突破、ファミ通調べ)。その後もWiiは販売台数を伸ばし、さらに「Wii Fit」によって、新規のユーザー層をも獲得し、2007年12月末には462万台の販売台数を記録する快挙を成し遂げている(※参照:2007年の国内ゲーム市場規模は過去最高の約6876億6000万円、ファミ通調べ)。

性年代別で見ると(Q1-2)、Wiiが30代・40代の女性から特に高い支持を受けていることがわかり、既存のゲームスタイルとは異なる、女性の心を巧みに捉えた商品力が成功のポイントになったと言えるのではないか。

[Q1-2]あなたが購入した最新ゲーム機は以下のどれですか?

ちなみに、PS3については、比較的に男性ユーザー、特に10代・20代から支持を得ており、Xbox 360については20代男性からの支持が顕著であった。

情報源はテレビ+α

何をきっかけにWiiなどの最新ゲーム機を購入したか、また普段ゲームソフトを購入する際の情報源は何かを尋ねた(Q2-2)ところ、最新ゲーム機を購入したきっかけやゲームソフトを購入する際の情報源として、60%以上のユーザーが「テレビ」を参考にしていることがわかった。

[Q2]あなたは何をきっかけに最新ゲーム機を購入しましたか?

今回の調査では、テレビが購入のきっかけとなっているが、PCサイトや友人知人からの情報がさらに購入の後押しをしているのではないだろうか。

また、普段ゲームソフトを購入する際の情報源として、テレビ以外に「友人・知人」が30.4%、「ゲームなどの雑誌」が25.2%、「PCのゲーム専門サイト」が23.8%とゲーム機を購入したきっかけと比べて多いことから、ゲームソフトについてはゲーム機と比較してより能動的に、情報を収集しようとする意欲が強いと考えられる。

情報共有は男性の若年層で積極的

インターネット上でゲームの情報(裏技)などを共有・取得する場合、具体的にどのように行っているか尋ねた(Q3)ところ、「ゲーム専門サイト」が58.8%、「ブログ」が46.4%と続く結果になった。

[Q3-1]インターネット上でゲームの情報(裏技など)を共有・取得する場合、具体的にどのようにおこなっていますか?

これを性年代別で見た場合(Q3-2)、インターネットでの情報共有については比較的男性が意欲的であることが伺える。

[Q3-2]インターネット上でゲームの情報(裏技など)を共有・取得する場合、具体的にどのようにおこなっていますか?

これについては、「その他」と回答したユーザーが女性のみとなっており、「その他」の回答の約90%が「情報を共有しない」と回答していることからも明らかであろう。

また、ゲーム専門サイトについては男女年代別で見ても、ほぼ同程度の割合で活用しているが、ブログやSNSについては10代20代の若年層で顕著であり、同じゲーム機を購入しても、年代や性別により、その利用動向や情報共有方法は多種多様であると言えるだろう。

全体の70%以上がソフトの内容のおもしろさで購入を決定

最新ゲーム機を購入する上で重視した点は何かを尋ねた(Q4-1)ところ、「ソフトの内容のおもしろさ」が71.4%、「ソフトの種類の豊富さ」が42.6%と続く結果になった。

[Q4-1]あなたが最新ゲーム機を購入する上で、重視した点はなんですか?

会社名や知名度の割合が低いことから、ユーザーは「○○メーカーから出されたもの」という意識でゲーム機を購入するわけではなく、「○○シリーズのソフトがある」から、または「(ゲームソフトの)選択数が多い」からという点で、ゲーム機を購入していることが伺える。

Q4-1をさらにゲーム機別(PS3、Wii、Xbox 360)で比較した場合(Q4-2)、Wiiは圧倒的に「ソフトの内容のおもしろさ」が多かったが、Xbox 360は「ワイヤレスコントローラーの有無」や「Wi-Fi接続の有無」を重視するユーザーが半数近くいるなど、ゲーム機によって若干ユーザーの重視点が異なると言えるだろう。

[Q4-2]あなたが最新ゲーム機を購入する上で、重視した点はなんですか?

インターネットゲームの利用者は男女とも同程度

週にどの程度ゲームを利用するのか、またPCでのインターネット利用時間がどの位なのか、両者を合わせて尋ねた(Q5-1)。

すると、ゲームの利用時間は「1時間以上5時間未満」が43%と最も多く、利用時間が長くなればなる程、その割合は少なくなっている。

[Q5-1]あなたは週にどれくらいゲームをしていますか?また、PC(ゲームは除く)でインターネットを週にどれくらい利用していますか?

一方、PCでの利用時間も「1時間以上5時間未満」が最も多かったが、全体的に利用時間がゲームよりも長い傾向にあり、特に10時間以上の利用ではゲームの場合よりも割合が高くなっている。

インターネット利用に関する意識・実態報告書によれば、仕事以外の個人でのPC(インターネット)を利用する時間は各年代で増加しているが、ゲームを利用するユーザーに関してもインターネット利用が活発であることが伺える(※参照:「インターネット利用に関する意識・実態調査報告書」)。

Q5-1をゲームの利用時間とPCでのインターネット利用時間の性年代別で見た場合、ゲームの利用時間は女性よりも男性の方が長く、70%以上の男性は1日に1時間前後ゲームを利用していることがわかる。

[Q5-2]ゲーム利用時間/PCでのインターネット利用時間(性年代別)

特にゲームの利用時間は、10代の男性で最も多く、20~40代の男性についてはほぼ同程度の時間ゲームを利用していることが伺える。またPCでのインターネット利用についても、男性の方が女性を上回っており、30代男性の30%以上が、週に30時間以上個人でPCを利用していると考えられる。

女性のゲーム利用時間を見た場合、PC利用時間が圧倒的に長くなっており、男性はPCとゲームのどちらにも時間を割いているが、女性はPCの利用に重点を置いていると言えるだろう。

ポータブルゲーム機の利用者は75%

携帯電話で利用するモバゲータウンのゲームやポータブルタイプ(持ち運び可能)のPSPやDSを利用したことがあるか尋ねた(Q6)ところ、「ときどき利用している」が45.0%と最も多く、次いで「非常によく利用している」が30.2%と続く結果になった。

[Q6-1]あなたはモバゲーやポータブルタイプのPSP、DSを利用したことがありますか?

また、下表はQ4で「ソフトのおもしろさを重視」して最新ゲーム機を購入しているユーザーのみの回答結果だが、ソフトの内容重視のユーザーでも、モバゲーなどの無料のゲームであれば強いこだわりは持たず、日常生活で利用していると考えられる。

[Q6-2]Q4で「ソフトのおもしろさ」と回答したユーザーの回答

Wiiユーザーの40%強はゲームのみを利用し、他機能を活用せず

Wiiをゲーム以外でどのように活用しているかWiiユーザー419人に対して尋ねた(Q7)ところ、「似顔絵チャンネル」が33.9%と最も多く、次いで「お天気チャンネル」が26.3%と続く結果になった。

[Q7]あなたはWiiをゲーム以外でどのように活用していますか?

また、「ゲームしか利用していない」と回答したユーザーは41.5%で、半数近くのユーザーはWiiをゲーム以外に活用していないことが伺える。

Wiiはこれまでにないコンピューターゲーム以外の日常生活に役立つコンテンツを搭載させたゲーム機として発売されたが、その多岐に渡る用途を使いこなしているユーザーはそれ程多くないと考えられる。

今後、Wiiでインターネットを利用したいユーザーは55.6%とやや意欲的

Wiiでインターネットができるようになったことにより、以前に比べてPCでのインターネット利用頻度に変化があったかを尋ねた(Q8)ところ、「特に変わらない」が90.7%と圧倒的に多い結果になった。

[Q8]Wiiでインターネットができるようになったことで、PCでのインターネット利用頻度は以前に比べどうなりましたか?

Wiiゲーム機は、Wiiチャンネルに接続することでインターネットに接続することでインターネットができるという文句で売り出されていた。しかし、その特徴はまだ十分に浸透していないと考えられ、Wiiを購入しても実際にWiiを用いてインターネットを利用するユーザーはほんの一握りであると考えられる(※参照:Wiiでインターネット接続するアプリが正式版に)。

男性10・20・30代で特にインターネット利用意向が高い

今後Wiiを使ってインターネットを利用してみたいか尋ねた(Q9-1)ところ、「まあ利用していきたい」が43.9%と最も多く、次いで「あまり利用したいと思わない」が33.9%と続く結果になった。

[Q9-1]今後、あなたはWiiを使ってインターネットを利用したいと思いますか?

「非常に利用していきたい」と「まあ利用していきたい」を合わせると55.6%となっており、60%近くのユーザーは今後Wiiでインターネットを利用したいという意識があることが伺える。

またこれを性年代別で見た場合(Q9-2)、男性の方が女性よりも「今後Wiiを用いてインターネットを利用したい」と思っているユーザーが多いことがわかる。

[Q9-2]今後、あなたはWiiを使ってインターネットを利用したいと思いますか?

特にその傾向は男性の10代~30代で顕著で、女性よりも男性の方が1つの機器に備わっている機能を網羅したい・使いこなしたいという気持ちが強いのではないかと考えられる。

Wiiは、「家族とゲーム機の関係を変える」「テレビとゲーム機の関係を変える」「インターネットとテレビの関係を変える」というコンセプトを掲げて発売されたが、Wii機能の利用状況やWiiでのインターネット利用意向を見る限り、ゲーム機・インターネット・テレビの関係を劇的に変化させるには長期的に考える必要があると言えるだろう。

2007年11月29日には、任天堂、NTT東日本、NTT西日本の3社が、「Wii」とNTT東西の「フレッツ光」との接続推進に向け協業すると発表しており、企業側も着々とユーザーがWiiネット接続をしやすい環境を整備し始めている(※参照:任天堂岩田氏「ゲーム人口の継続的拡大にはネット接続が重要」任天堂とNTT東西、Wiiのネット接続サポートセンターを共同で開設)。今後、さらにWiiネット接続の環境が整備されれば、現在「まったく利用したいとは思わない」と回答しているユーザーであっても、利用を後押しするきっかけとなるのではないだろうか。

調査概要

▲ページ先頭に戻る

  • サンプル数:500
  • 調査期間:2008年2月1日~2008年2月5日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:株式会社ボーダーズ
  • 対象者:16歳~49歳までのWiiやPS3、Xbox 360などのゲーム機を所有する男女
  • 割付:男女50%の均等割付
Webマーケティングガイドからのお知らせ
  • 本調査は、業界の全般的な調査であり、あくまでも指標となるものですので、参考データとしてご活用下さい。業種や取り扱っている商品、またユーザーの属性によっても調査結果は大きく異なると考えられます。
  • より詳細な業界動向や、ターゲット層に合わせたリサーチにご興味をお持ちの方は、リサーチアウトソーシングサービスをご活用ください。
  • 本調査結果の単純集計を無料でご提供させていただきます。
  • アンケート回収データ・クロス集計サービス・レポートは有料にてご購入いただけます。
  • 調査や有料サービスをご検討の方はお気軽にお問い合わせください。
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]