マイクロソフトがXbox360のネットワークサービス向け広告販売とパイロット配信開始

インタラクティブ性とテレビCMのような視覚効果備えた全画面広告、背景も配布可能
よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは、オンライン広告事業のマイクロソフトアドバタイジングを通じて、家庭用ゲーム機「Xbox 360」に対応したオンラインネットワークサービス「Xbox LIVE」の日本ユーザー向け広告「Xbox LIVE AD」の販売を開始した、と4月30日に発表。5月1日にパイロット配信を開始した。Xbox LIVE ADは、テレビCMのような視覚効果と、インターネット広告のインタラクティブ性を兼ね備えた全画面広告で、Xbox LIVEを利用する国内ユーザーへの訴求が可能。今後、Xbox 360のホームページでの広告の販売・配信とともに、Xbox LIVE ADの本格的な展開を検討していくという。

5月1日からのパイロット配信では、ワーナーエンターテイメントジャパン配給の映画「GOEMON」(紀里谷和明監督、5月1日公開)、と同「ザ・スピリット」(フランク・ミラー監督、6月6日公開)の広告が公開されている。同広告ではXbox360ユーザーがダウンロードして利用できる背景画像の「テーマ」や、「ゲーマーアイコン」を配布可能で、パイロット配信でも特製アイコンなどを提供している。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

マイクロソフト アドバタイジング
http://advertising.microsoft.com/japan/advertising-online

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]