コメント投稿

SAVAWAY、実店舗POS情報をネットショップと自動連携させるシステムを3月に販売開始

タスネットの「Power@POS」も含む中小規模の小売店向けのパッケージシステムで提供
よろしければこちらもご覧ください

ネット通販サポートのSAVAWAYは、ネットショップを運営する中小規模の小売店向けに、実店舗のPOS情報をネットショップに自動連携できる新機能を開発、3月に同社の多モール間Web自動在庫管理システム「ストックギア Pro」と商品一括登録システム「PowerDo Pro(パワードゥプロ)」に搭載して提供を開始する、と2月10日に発表した。データの自動連携に対応する販売管理システムは、ITソリューション事業のタスネットが提供する「Power@POS(パワーポス)」。Power@POSに登録された実店舗の商品情報や在庫情報を、連携ソフトを通じてストックギア ProとPowerDo Proに自動的に受け渡す仕組み。これにより、複数ショッピングサイトへの商品情報や在庫データ登録をPOSシステムから自動的に取り込んで一元処理することができる。価格は初期費用80万円から、月額利用料1万2000円から。Power@POS、ストックギア ProとPowerDo Proも含まれる。

SAVAWAY
http://www.e-savacity.com/

よろしければこちらもご覧ください
0106
0106
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル