コメント投稿

編集部の安田です。コメント返信が遅れましたが、これはDropboxの今後のサービス変更/強化に関するお知らせですね。ざっくりとこんな感じです。8/1にすでに適用されているので、やり直し履歴の30日制限に注意したほうがいいかもしれません。

Undo History(やり直し履歴)を変更します。

Dropboxでは、自動的に

・削除したファイルを元に戻せるようにとっておく

・ファイルの古いバージョンを復元できるようにとっておく

ということをしています。

どんなファイルやフォルダにも「undo」が効くような感じですね。

現在のDropboxでは、これらの削除や変更された過去のバージョン(Undo History)を永遠に保持していますが、多くの人にとって、これはディスク容量の浪費にあたったり混乱したりしています。

このため、8月1日から新ポリシーとして、やり直し履歴は30日分だけ保持するよにします。やり直し履歴を無限に保持したい場合、有料アカウントに移行してください。

有料アカウントに移行しない場合、やり直し履歴は30日分だけ保持されるようになります。

あとは、ちょっとしたアナウンスですね。

・iPhoneアプリケーションがもうすぐできます。

・新バージョンが出ます
 ・パフォーマンス改善
 ・同一LAN内のマシン間では、Dropboxサーバーを介さずに直接ファイルを同期できるようになります

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]