Dropbox、Googleファイルとの連携機能を提供開始

「Dropbox Business」の利用者は、先行アクセスプログラム から、機能を有効化可能に

オンラインストレージサービスのDropboxは、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、GoogleスライドをDropboxから直接扱えるようにする新機能を5月22日発表した。「Dropbox Business」の利用者は、管理コンソールの先行アクセスプログラム から、機能を有効化できるようになる。

GoogleアカウントとDropboxアカウントの両方にログインすると、Dropboxフォルダ内で通常のファイルと同じ場所に Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドの作成や保存ができるようになる。全文検索機能によって、Googleドキュメントなどのファイル名だけでなく、ファイルの内容も検索できるようにる。全文検索の機能は、DropboxのWebサイト、モバイルアプリ、WindowsのシステムトレイやMacのメニューバーにあるDropboxアイコンから利用できる。

Dropbox Businessの利用者は、機能を有効にすると、Windowsのシステムトレイ、Macのメニューバー、dropbox.comから直接、Googleドキュメントなどを新規作成できるようになる。Webサイト上でも、Windows、Mac、iOS、Androidの各アプリを使って、Googleの各ファイルを閲覧、移動、コピー、削除することができる。モバイルアプリ上では、保存されている各Googleファイルのプレビューや、オフラインでアクセスすることも可能。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]