ピースオブケイクのnote、日本経済新聞 電子版にソーシャルプラグインの「 note で書く」ボタンを実装

noteユーザーが創作をつづけるきっかけになると考えnoteで書くボタンを公開
よろしければこちらもご覧ください

情報通信のピースオブケイクは、同社が運営するnoteが、同社のソーシャルプラグイン「noteで書く」ボタンを5月22日に公開し、第一弾として日本経済新聞電子版に実装した、と同日発表した。noteで書くボタンを設置すると、読者はボタンから当該サービスの情報を元にしたnoteを投稿できる。

ピースオブケイクは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げている。一方、創作意欲はあっても「続ける」ことへのハードルはいまだに高いのが実態のため、noteで書くボタンを設置すると各サービスの情報が流通しやすくなり、noteユーザーが創作をつづけるきっかけも増やすことになると考えてnoteで書くボタンを公開することにした。

noteで書くボタンの公開にあわせて、noteのお題企画「#ニュースで語る」を始める。気になるニュース、感銘を受けたニュースを自分の立場や視点から語ったnoteを募集する。日経電子版の「noteで書く」ボタンをクリックすると、記事見出し、記事URL、ハッシュタグ「#COMEMO」が挿入された投稿画面が立ち上がり、「COMEMO by NIKKEI」や日経電子版トップの連動企画に転載される可能性があるという。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]