コメント投稿

コアウェブバイタルによって、速度評価が低下した方へ)高速化シミュレーションサイトはいかが?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「コアウェブバイタルによって、速度評価が低下した方へ)高速化シミュレーションサイトはいかが?」を公開しました。

###

いよいよGoogleがコアウェブバイタルを実施するので、対応できていないWebサイトは検索順にも影響するので、しっかり押さえておきたいところだ。

まれにこういう話をすると、「Googleが提供している指標と検索順位は関係がない」というお客様がいるのでびっくりする。Googleが検索順位を決めるための指標を定めているのだから、各種の総合指標で相対的に判断され、スコアが悪ければ順位は下がっていくのだ。

まれにスコアが悪いのにそれなりのワードで1位を取っているサイトもあるが、それはかなり昔に1位とか2位を取って、スコアが悪くても上位によるクリック数が稼げていて、順位を保っているということであり、激戦区のワードや新規のワードでスコアが悪いのに上位をとれるのは見たことがない。

さて本題だが、Googleがコアウェブバイタルを実施する。コアウェブバイタルはLCPという表示速度の指標とFIDという応答速度の指標とCLSという画面のズレを計る指標の3つで構成されている。コアウェブバイタルについて再度確認されたい方は以下のYouTubeで当社取締役の西牧が解説している動画あるので、確認するとよい。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4415

よろしければこちらもご覧ください
010
010
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル