コメント投稿

Discover

「Discover(ディスカバー)」とは、ChromeとスマホのGoogleアプリが備えている、あなたが興味関心を持ちそうな記事を選んで表示する機能。Chromeで新規タブを開いたときの「おすすめの記事」や、Googleアプリを立ち上げると表示されるディスカバー(Discover)に表示される。

「Discover(ディスカバー)」とは、ChromeブラウザとスマートフォンのGoogleアプリが備えている、あなたが興味関心を持ちそうな記事を選んで表示する機能だ。

具体的には、次のような場所で表示されているものだ(Discover登場時の記事より)。

  • Chrome ―― 新規タブを開いたときに「おすすめの記事」として表示される部分
  • Googleアプリ ―― アプリを立ち上げると表示されるディスカバー(Discover)という名称の機能

ここに掲載されれば突発的なトラフィックが生まれることもあり、場合によってはWebサーバーの負荷が急上昇するほどの流入となることもあるため、「Google砲」と呼ばれることもある。

Chromeのおすすめ記事。
グーグルアプリのディスカバーに出てきた筆者のブログ記事
グーグルアプリのディスカバーに出てきた筆者のブログ記事。Chromeのおすすめ記事もディスカバーも、出てくる記事はユーザーに応じてカスタマイズされている。

Google検索とは異なるがSEOのチャネルとして扱われることも

Discover自体は検索とは異なるものだが、Discoverに表示される記事はGoogle検索のインデックスを利用している。そのため、Search ConsoleにはDiscoverでの表示に関するレポートを確認できる(Search Consoleの[検索パフォーマンス]>[Discover])。

レポートでは、次のような統計情報を入手できる。

  • 自分のサイトはユーザーの Discover にどのくらい表示されているか? どのくらいのトラフィックがあるのか?
  • Discover で特にパフォーマンスの高いコンテンツはどれか?
  • 従来の検索結果と比べて、Discover ではコンテンツのパフォーマンスがどのように変化しているか?
Discoverのパフォーマンスレポート

Discoverからの一定以上のアクセスがあると、検索パフォーマンスのレポートが「検索結果」の下に「Discover」が増える(Discoverからのアクセスがないサイトはメニューに出ないようだ)。

このようにGoogle検索とも関連が深く、また前述のように大きなトラフィックをもたらすこともあるため、DiscoverはSEOの観点で語られることも多い。

しかし、実際にはここに表示されるようにするにはSEOとはまた異なる工夫(特にどんなトピックをどのタイミングで扱うか)が重要であり、既存のSEOとは考え方が違う。

そのため、「SEOの一環」ではあるものの、あくまでも「Google検索というインフラを共用している別チャネル」だと考えるほうが良い。

000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル