コメント投稿

訪日ビジネスを考える~訪日外国人集客の基本~

インバウンド対策として検討するSNSや検索エンジン。何を念頭に作成する必要があるか、ご存知ですか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

我々が海外旅行に行く際には、多くの場合、航空券のキャンセルフィーが発生する40日以前には計画を立て始めることでしょう。海外旅行に無計画に、全く準備をせずに行くとすれば、それはもう行き尽くしていると言っていい場所くらいです。

日本に訪れる外国人も同じように、事前に情報収集を行ってから訪日します。
概ね日本の情報を収集するのは、遅くとも旅行の1ヶ月前~2週間前から、インターネット上で行うという方が多くを占めています。

インターネット上で情報収集を行う際は、多くの方はSNSか検索エンジンを参照します。
SNSは写真や口語的な文章で構成されていますので、感情的な視点での情報探索に向いており、検索エンジンはより公的な情報に触れるための情報精査に向いています。いずれか一方を利用するのではなく、双方を眺めながら、徐々に期待を高め、必ずここに寄ろう!という場所を見つけていくことになります。

さて、みなさんの情報は、SNSや検索エンジンに“訪日外国人の目に触れるように”載っていますでしょうか?

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201912.html

よろしければこちらもご覧ください
010
010
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル