コメント投稿

ヤフー、独自の広告品質基準「広告品質のダイヤモンド(3つの価値と6つの対策項目)」を策定

広告品質のダイヤモンドに関連する取り組みを紹介するWebサイトを公開
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo!JAPANを運営しているヤフーは、アドフラウドやブランドセーフティなどの課題解決を目的として、広告主がインターネット広告を活用する際に安心安全の基準となる3つの価値と6つの対策項目を策定し、「広告品質のダイヤモンド」と定義した、と5月9日発表した。同日より広告品質のダイヤモンドに関連する取り組みを紹介するWebサイトを公開している。

安心安全の基準となる3つの価値は「適正な広告効果の可視化」、「ブランド価値とメディアの信頼性の担保」、「ストレスのない広告体験の提供」で、6つの対策項目は「ビューアビリティ(視認性)」、「アドフラウド対策」、「ブランドセーフティ」、「プライバシーへの配慮」、「最適な広告フォーマット」、「アドクラッター対策」となる。

ヤフーは、取り組みを通じて、日本のインターネット広告業界が抱える悪意のある不正広告などの事象に向き合い、課題を解決し、永続的に業界の健全化に寄与していく。また、透明性のある安全な広告配信プラットフォームを運用し、広告主とユーザーにとって満足度の高い広告体験の提供を目指す。

 

よろしければこちらもご覧ください
1460
1460
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル