ビービットのモーメント分析クラウド「USERGRAM」が 「Arm Treasure Data eCDP」とデータ連携を開始

ユーザ情報をUSERGRAMに取り込み、タイムライン形式でカスタマージャーニーを可視化
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティング支援のビービットは、同社のモーメント分析クラウド「USERGRAM」がカスタマーデータプラットフォームの「Arm Treasure Data eCDP」とデータ連携を開始した、と5月9日発表した。

連携によりArm Treasure Data eCDP内に蓄積されたWebサイト閲覧などのオンライン行動、店舗購入やコールセンターへの入電などのオフラインチャネルでの行動、性別や年齢などの顧客属性といった大量のユーザ情報をUSERGRAMに取り込み、タイムライン形式でカスタマージャーニーを可視化できるようになる。
既にArm Treasure Data eCDPを利用している企業であれば、USERGRAMのタグをWebサイトに入れるなどの追加作業は必要なく、すべてArm Treasure Data eCDPで取得している情報だけで完結するため、負荷なく利用を開始できる。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]