コメント投稿

CA Wise、掲載メディアを個別指定できる広告サービス「premium nonince」の提供開始

リスクを回避するために広告の掲載先を把握したいという広告主の課題を解決
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは連結子会社CA Wiseにおいて、インセンティブ成果報酬型「BOSATSU」のメニューとして、掲載メディアを個別に指定して配信できるサービス「premium nonince(プレミアム ノンインセ)」の提供を開始した、と3月14日発表した。

不正クリックや広告効果の不正(アドフラウド)が問題になっており、リスクを回避するために広告の掲載先を把握したいという広告主のニーズが高まっている。BOSATSUは、かねてより独自のアドフラウド対策を講じて不正を検知し、良質なメディアのみに掲載する配信コントロールを行ってきた。

premium noninceは、BOSATSUが進化した、より広告主のニーズに応えるサービスで、CA Wiseと連携ネットワークの配信実績を基に、掲載先の情報をすべて開示できるメディアを精選してホワイトリスト化し、広告主に提供する。また、出稿先が可視化されるため、意図しない露出を避けて希望する掲載面のみに配信することが可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]