CA ProFit-X、動画広告のインプレッション計測においてアドフラウド対策強化を実施

「広告がスマートフォンの画面上に実際に表示されたタイミング」と定義
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/4/4 16:40

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社が運営するスマートフォン用型SSP 「CA ProFit-X(シーエー プロフィットエックス)」において、動画広告におけるインプレッションの定義を「広告がスマートフォンの画面上に実際に表示されたタイミング」とする計測方法を採用した、と4月3日発表した。

スマートフォン動画広告の需要は拡大しているものの、アドフラウドやビューアビリティへの対策は未だ課題となっており、動画広告では、広告視聴の有無に関わらず不当な広告費の支払いが発生しないかが懸念となっている。

サイバーエージェントでは、動画広告において、スマートフォンの画面上に表示されユーザーに視認された広告のみをインプレッションとする計測方法を採用した。CA ProFit-Xへ広告掲載する場合、画面に表示されたインプレッションで取引可能となり、広告掲載の透明性を図る。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]