サイバーエージェントがスマートフォン用SSP「CA ProFit-X」向けにアドフラウドの検知機能を追加

アドフラウド対策を強化、メディアを特定し、除外を図ることが可能な機能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社のアドテクスタジオが運営するスマートフォン用SSP「CA ProFit-X」において、アドフラウド(不正広告)実施メディアの検知と除外を目的とした新機能「ProFit-X Patrol(プロフィットエックスパトロール)」を追加した、と8月23日発表した。

CA ProFit-Xではアドフラウド対策への取り組みをより一層強化するため、アドフラウドを実施している恐れがあるメディアを特定し、除外を図る機能としてProFit-X Patrolを追加することにした。ProFit-X Patrolは、配信ログ実績を分析し、特定条件に該当するログを抽出することにより、アドフラウドを実施している恐れがあるメディアの特定が可能となる。

広告の品質やブランド保護の観点から、違法・有害サイトへの掲載除外が重要視されている。不正な方法でのトラフィック(インプレッションとクリック)の水増しや広告の二重掲載などといった広告掲載料の不正請求に繋がるアドフラウド問題への対策に注目が高まっていた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]