JavaとRubyの例外処理(その1)~ライク・ア・ローリング・ストーン~

よろしければこちらもご覧ください

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「 JavaとRubyの例外処理(その1)~ライク・ア・ローリング・ストーン~ 」を公開しました

少し前に、筆者周辺でJavaの例外処理の話題がありました。
会話の際にすっかり忘れてしまっている事に気がつきました。
使わない道具は錆びてしまいますね。

今回は、忘却の彼方から記憶を引き戻すためJavaとRubyでの例外処理を比較して眺めてみることにします。
まず記述方法から。Javaの例外処理構文は “try”, “catch”, “finally” です。

| try {

| // 例外が発生しそうな処理をここに書きます。

| } catch (捕捉したい例外 e) {

| // 例外が発生した場合の対応ができます。メッセージ出力など。

| } finally {

| // 後片付けなど最後に必ず実行したいこと。

| }

Rubyの例外処理構文は “begin”, (“end”), “rescue”, “ensure” です。

| begin

| # 例外が発生しそうな処理をここに書きます。

| rescue 捕捉したい例外 => ex

| # 例外が発生した場合の対応ができます。メッセージ出力など。

| ensure

| # 後片付けなど最後に必ず実行したいこと。

| end

キーワードが違うだけで構文はかなり似ていることが分かります。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/656/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]