運用型広告レポート作成支援システム「glu」でGoogleスプレッドシート、Googleドライブへの出力が可能に

アタラのgluがGoogleスプレッドシートやGoogleスプレッドシートを追加
よろしければこちらもご覧ください
「glu」新機能の概要

デジタルマーケティング支援のアタラは、運用型広告レポート作成支援システム「glu」に、レポートテンプレートのファイル形式としてGoogleスプレッドシートを追加、またレポートファイルの格納先としてGoogleドライブを追加した、と9月5日発表した。

機能追加により、GoogleスプレッドシートやGoogleドライブでgluのデータを出力し、活用できるようになった。Googleスプレッドシートは、同時に作成や編集、共同作業ができる。GoogleスプレッドシートとGoogleドライブは、時間や場所を問わない情報共有を可能とするツールであり、多くの事業会社や広告代理店が活用している。

GoogleスプレッドシートとGoogleドライブの連携により、gluの特徴である、自由なグルーピングや集計を可能にするダイス機能を用いたダッシュボードやカスタムレポート作成、複数の広告媒体データを正規化した上での統合管理と視覚化を実現。運用者の負担を軽減し、生産性の高いマーケティング活動を促進する。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]