イスラエル発のTRENDEMONがArm Treasure Data eCDPとのデータ連携が可能に

デジタルから店舗購買までのカスタマーフルジャーニーの可視化に成功
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/1/23 13:47

コンテンツマーケティングのTRENDEMON JAPANは、英Armが提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」とのデータ連携により、オフライン上の購買ユーザーのデジタル上のコンテンツインサイトを可視化することに成功した、と1月22日発表した。TRENDEMONはイスラエルで誕生し、日本国内では2018年より営業活動をスタートしている。

今回の取り組みでは当該クライアントのデジタルメディア上のTRENDEMONのユーザーIDとArm Treasure Data eCDPのグローバルIDを連携とすることにより、これまで可視化できなかった店舗購買ユーザーのデジタル上でのコンテンツ消費傾向などが明らかになった。

Arm Treasure Data eCDPとの連携によって「年齢」や「性別」などのデジタル上で獲得できなかった店舗での購買データ情報である顧客属性をベースにしたコンテンツインサイトを発掘することが可能となった。今後TRENDEMONとArm Treasure Data eCDPを共に利用する企業は、デジタルからオフラインまでを一括してシームレスに分析できるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]