イマドキの若者意識「ウラハラ・マインド」とは? 電通総研が「若者まるわかり調査2015」を実施

「日本の将来は不安だけど日本のことは好き」など裏腹な意識を持つ若者像が明らかに
よろしければこちらもご覧ください

電通総研は、電通若者研究部と共同で関東・関西・東海圏の高校生・大学生・20代社会人の3000人を対象に「若者まるわかり調査2015」を実施し、4月20日、調査結果を発表した。

若者の価値観、社会や将来に対する意識、コミュニケーションや消費に対する意識、趣味や好きなことなどについて聞いたもので、調査の結果、社会や将来に対する意識については、自分の将来を不安と感じている割合(64.4%)より、日本の将来が不安と感じている割合(77.3%)のほうが高いことが分かった。89.5%の若者は日本のことを好きと回答した。

コミュニケーション意識については、複数のグループやつながりを持ち、複数のキャラやSNSを使い分けてコミュニケーションしながらも、人間関係をリセットしたくなることがある、というマインドがあった。調査の結果「日本の将来は不安だけど日本のことは好き」「つながっていたいけど人間関係をリセットしたい」など、裏腹な意識=「ウラハラ・マインド」を持つ若者像が明らかになった。調査は2月6~9日に、関東1都6県、関西2府4県、東海3県の高校生以上の未婚15~29歳男女を対象に、インターネットを利用して実施。サンプル数は3000だった。

調査の結果明らかになった若者のウラハラ・マインドは「日本の将来は不安だけど日本のことは好き」「つながっていたいけど、リセットしたい人間関係」のほか、「自分たちが社会をリードしたいけど、変えることまでは考えていない男子」という特徴があった。「自分たちの世代が中心となってリード・牽引していきたい」のは58%で、「上の世代が中心となってリード・牽引していくべき」と答えたのは48%。「牽引していきたい」と答えたのがもっとも多かったのは男子大学生で68.6%だった。

一方、「社会の制度は自分たちの働きで変えられると思う」のは42.9%で「自分たちではどうにもならないと思う」のは57.1%だった。女子は「老後の生活が不安だけど、今は楽しみたい」という特徴があった。全体として「欲しいものはあるけど、堅実・節約家と思われたい」という傾向もあった。

電通総研
http://dii.dentsu.jp/

電通若者研究部
http://dii.dentsu.jp/project/wakamon/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]