電通デジタル・電通・日立製作所がテキスト解析プラットフォーム「mindlook」を新開発

企業と生活者のコミュニケーションを支援、コミュニケーションデザインのコンサル開始
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタル、電通、日立製作所は、テキスト解析プラットフォーム「mindlook(マインドルック)」を新たに開発した、と8月24日発表した。企業と生活者のコミュニケーション支援が目的。電通デジタルと電通は、mindlookを活用したコミュニケーションデザイン分野のコンサルティングを同日始めた。

mindlookは、日本語のテキストデータを基に自然言語処理を提供する分析プラットフォーム。日本語は表現が豊かなため、SNSなどデジタル上の生活者の声を短時間で分析するには多くの時間と専門的な知識が必要だった。mindlookによって生活者の声を深く理解・反映したカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)=CX=デザインが描けるようになる。

「mindlook」の概念図

電通グループの独自の辞書情報と、日立の高精度な感性分析技術を組み合わせた。日立の自然言語処理技術で81種類の感情を自動的にタグ付けでき、電通グループの知見でラベリングしてどの話題にどんな気持ちで書き込みしたか分析。生活者からの声を新語やトレンドワードを含め約800のトピックに分け、認知・意向・体験・リピートに分類する。

コロナ禍における生活者の感情を「mindlook」で分析した結果の例
「ファネル」でフィルタリングした「センチメント詳細」
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]