「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の名称を「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」に変更

ヤフー、「Yahoo!」ブランドに統一してサービス連携を強化、両サービスの利用者拡大へ

ヤフーは、同社が運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」と、同個人間で取引できるフリーマーケットアプリ「PayPayフリマ」の名称を今秋に変更する。と7月14日発表した。「Yahoo!」ブランドに統一し、ヤフオク!を「Yahoo!オークション」、PayPayフリマを「Yahoo!フリマ」にする。サービス連携を強化し、両サービスの利用者拡大を図る。

ヤフオク!は1999年9月にサービスを始め、7000万店以上の商品が常時出品される日本最大級のオークションサービスになった。PayPayフリマは2019年10月に開始。スマートフォン決済サービス「PayPay」などとの連携でユーザーを増やしている。ヤフオク!とPayPayフリマでは品ぞろえや商品単価が異なるため、両サービスを利用するユーザーも多いという。

それぞれのサービスの特徴

Yahoo!ブランドへの統一で10月以降デザインを順次刷新。商品詳細ページをPayPayフリマとヤフオク!で継ぎ目のない購入体験が可能になるようにリニューアルする。さらにヤフオク!でPayPayフリマの商品を検索し、サービスの切り替えなしで購入できるようにする。両サービスとも、名称変更した後も出品商品の落札・購入でかかる手数料は変わらない。

「Yahoo!フリマ」と「Yahoo!オークション」のリニューアル予定のデザイン
「Yahoo!オークション」では「PayPayフリマ」の商品や「Yahoo!フリマ」の商品を検索できるように
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]