店舗とオンラインで貯まる「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」を23年3月開始

オンとオフを横断したマイレージ型販促プラットフォーム、継続的で効果的な販促を提供

Zホールディングス(ZHD)のグループ企業のLINE、ヤフー、PayPayの3社は、マイレージ型の販促プラットフォーム「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」を2023年3月から提供を始める、と12月13日に発表した。オフラインの店舗と、オンラインのEC(電子商取引)を横断した販促プラットフォームで、メーカーなどのさまざまな企業が参加可能。購買データを活用して継続的で効果的な販促を実現できる。

マイレージに参加するメーカーの対象商品を、オフラインの対象店舗ではPayPayのスマートフォン決済で、オンラインでは「Yahoo!ショッピング」の対象ストアで購入すると、商品の購入金額に応じてマイルが貯まる。購入した商品の購買情報をマイレージのサービス画面上で確認でき、マイルを貯めて「PayPayポイント」などの特典が受けられる。オフとオンの垣根を越えて、買えば買うほどお得に買い物ができる。

マイレージに参加する企業は、ユーザーに対する継続的な購買促進が見込める。ユーザーのオフとオンの双方での購買や行動の傾向をつかめるとともに、購買データを活用した販促が実行できるようになる。参加企業は、従来のスポット型キャンペーンと比較して販促コストを抑えられ、LTV(顧客生涯価値)の最大化を実現してロイヤルカスタマー(優良顧客)の増加も期待できる。

企業によるユーザーへの直接的な販促を可能にするため、マイレージ参加企業の「LINE公式アカウント」と連携する予定。マイレージは、ZHDグループで将来予定しているID・データ連携(仮称)とは独立した形で始めるが、連携も検討していく。3社は今後展開していく販促サービスの核となるリアルタイムでのPOS(販売時点情報管理)連携を実現するため、メーカーや小売企業が参画する「販促コンソーシアム」を設立する。

「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」のサービス概要
「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」のUI(イメージ画像)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]