DACがメタバース空間のプログラマティック広告配信サービス「MarketOne XR」を開始

メタバースとゲームの広告枠を横断で買い付け、ゲームの世界観を阻害しない配信が可能

デジタルマーケティング事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、インターネット上の仮想空間のメタバースやゲーム空間を国内外で複数横断したプログラマティック広告配信サービス「MarketOne XR」の提供を始めた、と12月13日に発表した。バーチャル空間内で広告展開する同社事業「arrova(アローバ)」が参画して企画・開発されたメタバースに特化したDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)を展開する。

国内外のメタバース・ゲームを横断して広告枠の買い付けが可能な「MarketOne XR」

 

MarketOne XRは、メタバース空間に設置された広告枠や、モバイルゲーム、コンソールゲーム内の広告枠を買い付けることができる。ゲーム空間への広告配信では従来の強制視聴型の広告と異なり、ゲーム空間の広告枠(インゲーム広告)を中心にゲームの世界観やプレイを阻害しない配信を実現。年代・性別・地域などによるターゲティング配信や、広告が表示されたユニークユーザー数、平均接触時間などのレポーティングにも対応する。

DACは、次世代型メディア事業としてゲーム・XR(クロスリアリティー)コンテンツなどのバーチャル空間内で広告展開するarrovaを2021年から展開。大手ゲーム事業会社や国内の有力メタバースサービス事業者とパートナーシップを締結し、広告枠の開発・販売など広告出稿した実績がある。今後はメタバース空間の広告だけでなく、企業とタイアップしたアバターコスチュームや3Dアイテムなどの配信制御機能も強化していく予定。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]