スプリームシステムのEDP「aimstar」がアプリプラットフォーム「Yappli」との連携開始

パーソナライズしたプッシュ通知が可能に、顧客エンゲージメント向上とLTV最大化を支援

顧客エンゲージメント(つながり)を最大化するプラットフォーム(EDP)「aimstar(エイムスター)」を展開するスプリームシステムは、ヤプリが提供するアプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」との連携を始めた、と3月6日に発表した。Yappliから連携される顧客の属性データ・行動データと、aimstarに蓄積した属性データや行動データなどの顧客情報を活用して、Yappliで開発されたアプリへのプッシュ通知が可能になる。

aimstarに蓄積した顧客の購買履歴や年齢・性別などの属性データ、ECサイト上の行動データで顧客セグメントを抽出し、商品やメッセージを顧客ごとにパーソナライズする。顧客抽出とレコメンド商品の最適化ではAI機能を活用し、休眠化率の改善など目的に応じた自動化が可能。顧客ごとに最適なチャネルでのコミュニケーションを実現し、メールやLINEを開封していない顧客にはアプリプッシュ通知でコミュニケーションをはかる。

ロイヤルカスタマー育成や販売チャネル拡大でアプリを活用する企業が増え、アプリ内で購買行動が完結することもあることから、スプリームシステムはアプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するリーディングカンパニーのYappliと連携した。アプリ内の情報と、ECサイト上の行動や各チャネルでの購買情報もふまえて、企業と顧客とのエンゲージメント向上とLTV(顧客生涯価値)の最大化の支援を推進する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]