ヤプリがWebサイトのコンテンツを素早くアプリ化する新サービス「Feed Boy」提供

テキストや写真など幅広く反映、ECサイトの新着商品のアプリ化がシステム連携不要で実現
よろしければこちらもご覧ください

アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を展開するヤプリは、Webサイトのコンテンツを素早く簡単にアプリ化できる新サービス「Feed Boy」を10月21日に発表した。取得したいコンテンツの開始位置と更新頻度を設定するだけで、さまざまなWebコンテンツをアプリへ自動反映することができる。



 

サイト側に特殊な設定は不要で、ニュース記事のようなテキスト情報だけでなく、商品写真や価格などの幅広いWebコンテンツをアプリへ反映可能。ECサイトの新着商品やおすすめ商品のアプリ化がシステム連携不要で実現し、Webサイト以上にアプリならではの快適な操作性を提供できる。

また、CDP(顧客データ基盤)やCRM(顧客関係管理)などのツールと連携し、アプリに蓄積した行動データをユーザー単位で紐付けて高度なレベルで顧客分析やマーケティング活用する「Yappli Data Hub」や、APIを利用してユーザーごとに内容を変えてプッシュ通知する「パーソナライズプッシュ」などの新機能をパートナー企業と連携して導入する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]