Webのコト、教えてホシイの!

KGI、KPIの意味と違いをわかりやすく教えてください!/ブレインパッドの佐藤洋行さんに聞いてきた

KPIとKGIの違いや設定方法、運用の際に注意すべきことを解説してもらった。
よろしければこちらもご覧ください
Webのコト、教えてホシイの!
浜野:	今日から	Web担当者	Forumで	働くことになった	濱野です
濱野:	よろしく	お願いします	Web担当者Forum	新入社員	濱野さん
星井:	お願いします!
浜野:	ぎゃっ
四谷:	ちょっと	ディスタンス	↑Web担編集長・四谷さん
星井:	画面に	近づくことすら	許されないんですか	↑このマンガを描いてる星井
四谷:	星井さん	はね
内藤:	新人さん	ですか	↑Web担・内藤さん
内藤:	せっかくなんで	なにか	知りたいこと	ありますか?
浜野:	そうですねぇ
浜野:	初歩的ですが	KGIと	KPIの違いや
浜野:	どう使うか	などを	知りたいです
内藤:	KGIと	KPIかぁ…
内藤:	入社や異動の	シーズンなので	ちょうどいいかも	しれませんね
内藤:	うちにも	年がら年中	新入社員みたいな	人いますから
星井:	僕のこと	ですね
四谷:	それじゃあ	ブレインパッドの	佐藤さんに	お話を聞きに	行きましょう
浜野:	私は忙しいので	後で漫画を	読ませて	もらいますね
星井:	えええっ	そんなぁ~
佐藤:	どうも	こんにちは	よろしく	お願いします	株式会社ブレインパッド
エグゼクティブデータサイエンティスト
株式会社電通クロスブレイン
取締役	佐藤洋行さん
四谷:	お忙しいところ	お時間いただき	ありがとう	ございます
星井:	2人	似すぎ…
星井:	書き分けられる	気がしない…
内藤:	本日は	KGIと	KPIについて	お伺いしたいんですが
内藤:	そもそも	KGIと	KPIとは	何なのでしょうか?
佐藤:	KGIとは	重要目標達成指標で
佐藤:	ビジネスの	最終目標を定量的に	評価するための	指標のことです
佐藤:	KGI	(Key Goal Indicator)	重要目標達成指標
内藤:	星井さん	定量的って	なにか	わかりますか?
星井:	わかりません
佐藤:	定量的とは	状態や物事などを	数値データにして	分析や評価をする	ことですね	定量的	~メリット~	・客観的	・認識の違いが生じにくい	~デメリット~	・データ値の変動理由がわからない	・大量のデータが必要
内藤:	定量的の逆の	定性的って	なにか	わかりますか?
星井:	わかりません
佐藤:	定性的とは	アンケートやインタビューなどの	質的なデータを用いて	分析や評価を	することです	定性的	~メリット~	・具体的	・数値では見えないことがわかる	~デメリット~	・主観的	・データ収集に時間がかかる
佐藤:	KGIは	多くの人と	共有しないと	いけないので
佐藤:	定量的な	数値データにする	必要があるんです
星井:	なるほど
星井:	きっと	浜野さんも知らない	だろうから	教えてあげよう
四谷:	いや…	知ってると	思うわよ
佐藤:	一方	KPIとは	重要業績評価指標
佐藤:	KGIを	分解したもので
佐藤:	目標を	達成するための	中間地点という	イメージですね
佐藤:	KPI	(Key Performance Indicator)	重要業績評価指標
四谷:	つまり	大きな目標が	KGI
四谷:	そのための	中間目標が	KPIって	ことですね
佐藤:	そういうこと	です
星井:	実際の	サイトでは	どのような数値が	KGI・KPIに	なるんですか?
佐藤:	そうですね 
佐藤:	企業や業種によって	全然ちがうので	一概には言えませんが
佐藤:	大きく目的を	3つに分けた場合は	このような	形になると思います	PRサイトの場合	KGI:	資料請求、来店予約、資料ダウンロード	KPI:	ユニークユーザー数	コーポレートサイト	の場合	KGI:ブランド認知率、想起率	KPI:年間のユニークユーザー数	ECサイトの場合	KGI:年間売り上げ	KPI:新規獲得数、F2転換率(リピート率)
佐藤:	例えば	自動車会社でも	サイトの目的が違えば	KGIも	KPIも	違いますからね	自動車会社の	コーポレートサイト	KGI:会社への好感度	KPI:読んでほしいページのPV数、滞在時間	自動車会社の	ECサイト	KGI:年間売り上げ	KPI:試乗予約数	自動車会社の	PRサイト	KGI:来店予約数、試乗予約数	KPI:ユニークユーザー数、滞在時間
星井:	言われてみれば	そうですね
佐藤:	あと	知ってて	ほしいのが
佐藤:	KPIは	立場によって
佐藤:	KGIに	なることも	あるんですよ
星井:	!
星井:	どういうこと	ですか?
佐藤:	会社全体の	KGIは	経営層が決めます
佐藤:	そして	その経営目的を	達成するために	KPIを	設定します
佐藤:	そのKPIが	各部門で	達成する目標値	になる	★図	経営層	KGI	★図	KGI	KPI KPI KPI KPI KPI KPI KPI
佐藤:	つまり	経営陣から課された	KPIは	各部門にとっての	KGIに	変身するんです
星井:	おぉ!	確かに	KPI	KGI
佐藤:	さらに	部門が	KGIを	達成するために	設定するKPIは
佐藤:	配下の各課の	KGIへと	変化する	わけです
内藤:	そういう	ことですか
佐藤:	ただKGIや	KPIを作っても	なかなか予定通りには	いかないんですよね
星井:	え	どうして	ですか?
佐藤:	本来であれば	目標ができたら	すぐに	取り掛かった方が	効率がいい
佐藤:	しかし人間は	最初から全力投球は	できないものです
佐藤:	どうしても	ぎりぎりになって	必死に	やり出すんです
星井:	漫画家	みたいですね
四谷:	それじゃあ	KGIや	KPIにも	達成期限が	あった方がいいですね
佐藤:	達成期限は	絶対必要です
佐藤:	目標を立てて	期限を設定することで	モチベーションも	上がります
星井:	お尻に	火をつけないと	動けない人って	多いですよね
星井:	特に僕…
四谷:	あの…	一つ聞いて	いいですか
四谷:	KPIって	どんどん	増えて	いきますよね
佐藤:	ああ	そうですね
四谷:	KPIは	できるだけ	細かく設定した方が	いいんですか?
佐藤:	会社によって	違うので	断言するのは	難しいのですが
佐藤:	僕は	仕事はラリーだと	考えています
四谷:	ラリー?
佐藤:	ラリーでは	ゴールは	決まっていますが	どの道を通るかは	ある程度	ドライバーに	任されているんです
佐藤:	なので	仕事でもある程度	自由度をもって	KPIを設定すると	いいと思います
佐藤:	ちなみに	KPIは	マネージャーが	管理するための	道しるべでもあります
佐藤:	KPIが	多すぎるということは	部下に仕事を	任せきれていないという	ことなんですよ
佐藤:	会社によっては	1日のトイレの回数まで	決められているとか
星井:	頻尿の僕には	厳しいKPI	ですね
四谷:	KGIや	KPIについて	だいぶ	わかってきた	気がしますね
佐藤:	最後に	1つだけ	いいですか
佐藤:	KGIやKPIを見るときは、数字の大小よりも	数字の意味を	大切にして	ほしいんです
星井:	意味	ですか?
佐藤:	KGIや	KPIを	達成するために	数字を追っていても
佐藤:	その数字が	何を表しているのか	理解していないと	意味がありません
星井:	どういうこと	ですか?
佐藤:	例えば	直帰率って	ありますよね
佐藤:	直帰率を下げろと	上司から	言われたときに
佐藤:	そもそも	『本当に下げる	必要があるのか』	と疑問を持って	もらいたいんです
星井:	え
佐藤:	なぜなら	ランディングページに	欲しい情報が	記載されていて	ユーザーが満足して	直帰している	可能性だってあります
佐藤:	その場合はむしろ	直帰率が高い方が	望ましい	と言えます
星井:	確かに
佐藤:	なので	コンバージョン率や	クリック率など	すべての数字が	どのような意味を	持つか
佐藤:	常に	仮説を立てながら	対策を練ることが	需要なんです
四谷:	なるほど	奥が深い	ですね
星井:	何も考えずに	漫画を描いていれば	いいから	僕は幸せですね
内藤:	少しは	考えて	ください
四谷:	それでは	最後	読者に一言	お願いします
佐藤:	はい
佐藤:	KGIやKPIは	表面的な数字の大小を	追うのではなく
佐藤:	常に	お客様視点で	その数字の裏にあるお客様の心理を	考える
佐藤:	必ず意味を	確認してください
星井:	浜野さん	KGIと	KPIの違い	聞いて来ましたよ
星井:	ネーム	描いたので	見てください!
四谷:	星井さんが	締め切りを	守った…
星井:	どうでしたか?
浜野:	KGIと	KPIについては	よくわかったん	ですが…
浜野:	佐藤さんと	内藤さんが	どっちかわからないので	書き直してください
星井:	ぎゃああああ
[終わり]

次回は5月31日(月)公開予定

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]