【漫画】デジマはつらいよ シーズン1

PDCAのスピードがアップする魔法のツール!? 右目・左目分析を使えば良いんだよ/【漫画】デジマはつらいよ・第4話

「顧客が何を考えているのか。わからなければ、実際に見ればいいってことだ」

ページ

よろしければこちらもご覧ください

3話と4話のまとめコラム:PDCAの最大の課題は「P」の枯渇

こんにちは、「デジマはつらいよ」原案者の中澤です。

前回までのシナリオでPDCAにおいては、質よりも量が重要であるということをお伝えしました。ではPDCAの実践において「量」を回して行く際に、実際には何が課題になるのか? その最大の課題は「P(打ち手)」の枯渇です。

打ち手を生み出すためには、その前提として「課題」の発見や「気づき」が必要となり、それらを栄養として「打ち手(仮説)」がアイディアとして導出されます。よっていかに多くの「課題」や「気づき」を高速に得ることができるかが、「P」の量産に直結し、ひいてはPDCAの量と速度を決定づけます。

売り場と同じスピード感を求めて

私のビジネス人生は家電量販店の売り場から始まり、売り場で店員、店長として約7年間の経験を積みました。のちにWebマーケティングに携わった際、売り場と比べてもっとも大きな違いとして感じたのが「P」の量とPDCAのスピードでした。

売り場においては、商品POPの内容から商品の陳列まで、それこそ毎日、ものによっては1時間ごとに変更を加え、顧客の反応を見て改善を行っていたのですが、Webマーケティングにおいては、同じぐらいのスピード感でのグロースハックができない。もちろん、ランディングページの改修や文言の変更などにも、リアルの売り場よりは時間がかかるというのはあるのですが、何よりも難しかったのが「P」つまり打ち手の量産でした。

ログ解析では顧客理解は難しい

リアルの売り場と異なり、ログ解析ツールなどで行動データを定量的に把握できるWebの方が、打ち手の前提となる、課題や気づきをたくさん得られるはずなのに、なぜなのか?

それはつまるところ、ログ解析で得られるデータなどからは「顧客の理解」が難しいからに他なりません。データは「効果測定」には非常に有効なのですが、施策導出の元となる「顧客からの気づき」が得られにくいのです。

打ち手のヒントは個客にあり

「打ち手(仮説)」導出に直結する課題や気づきは、群としての「顧客」よりも、個としての「個客」から得られることが多い。実際にリアルの売り場においては、1人1人の個客の「導線・動作・目線・表情」といったものを観察することで、大量の課題や気づきを得ていました。

人間のセンサーというものは大変優れています。とくに目的をもって観察していなくても、ボーッと個客を眺め続けているだけで、潜在意識には大量の情報が流れ込んできています。それらの大量の情報から、ふとした瞬間にさまざまな気づきが浮かび上がってくるのです。

Web動画行動観察

Webマーケティングにおいて、大量の「P」を高速に生み出して行くためには、「群としての顧客の把握」から「個としての個客の観察」にその分析手法を拡げていく必要があると考えており、その最たる方法が「Web動画行動観察」だと思います。

Web動画行動観察に実際に取り組んで行く際には、パーミッションの取得や個人情報への配慮など、ログ解析に比べクリアすべき条件は多くなりますが、効果検証が主目的ではないため、全顧客を対象にする必要もありません。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう?

群としての顧客を把握する「定量分析」、個としての個客を把握する「行動観察」、この2つを交互に組み合わせた新しい分析手法、「右目・左目分析」。

ぜひチャレンジしてみてください。

次回に続く

「デジマつらいよ」シーズン2はこちら→

【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

クーポンやポイントでは顧客との関係は築けない!? マーケティングを成功させる3つの条件とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第12話

狭義のマーケティングの目的は「顧客との関係構築」だとする虎。その度合いを測る基準は何にすべきなのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/12/22 7:001490
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

虎が講演会に登壇!「集客・販促=マーケティング」ではない理由とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第11話

伝説のマーケター・京極虎が「マーケティングとは何か?」という大きなテーマで講演を行うことになった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/11/30 7:0014131
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サイト表示速度を向上させるSPAって何だ!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第10話

SEOの重要指標コアウェブバイタルとWebサイト表示速度の具体的な向上方法とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/10/29 7:007210
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

Webサイトの表示速度がコンバージョン率に影響!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第9話

大島電気ECサイトのコンバージョン率が伸び悩んでいる原因は、Webサイトの表示速度だった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/9/30 7:0061342
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

コンバージョン率の成長が止まったECサイト! 虎に秘策はあるのか!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第8話

家電量販店のEC事業部長・白井は、ECサイトのコンバージョン率が2年間伸びてないという悩みを抱えていた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/8/31 7:0010180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

エンゲージメント向上は急がば回れ。オンボーディングで顧客との関係性を早期に構築せよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第7話

虎が提案したオンボーディング・プログラムとはどのような内容なのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/7/30 7:005230
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

ロイヤルティプログラムの弱点!? なぜ初期ユーザーのエンゲージメントを高められないのか?/【漫画】デジマはつらいよ2・第6話

サブスクの継続利用率アップのための秘策として、虎が提案したのは、オンボーディング・プログラムだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/6/30 7:0072160
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サブスクの継続利用率が急落!! KPIに変化なし。どうすればいいの?/【漫画】デジマはつらいよ2・第5話

男性用化粧品のマーケティング担当者・鈴木浩一。継続利用率下落の理由がわからず、虎のバーを訪ねることにした。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/5/31 7:0016190
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

社長プレゼンなんて怖くない!?「説得するな。正しく判断するための情報を渡せ」/【漫画】デジマはつらいよ2・第4話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこは、伝説のスゴ腕マーケター・京極虎から、「決裁承認の場は、経営陣を説得する場ではない」というアドバイスをもらったのだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/4/28 7:003171
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

突然の社長プレゼンで大ピンチ!「決裁承認の場は経営陣を説得する場ではない」ってどういうこと!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第3話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこ。決裁承認をとらなければいけない重圧に耐えかねて、虎のバーを訪ねた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/3/31 7:008151
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

キャリアアップに大事なのは「自分の北極星」 5年後のキャリアイメージなんてザックリでいいのよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第2話

マンガ新連載! 「もっと成長したい!」と悩むECディレクター・ユミに、瞳は2つのアドバイスを送った。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/2/26 7:0010212
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

マーケター改めコンサルタント瞳登場!キャリアアップできる転職の秘訣とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第1話

マンガ新連載! 伝説のマーケター・京極虎がバーテンダーに転身!? 社内で実績を積むか転職か、悩めるマーケターの問題解決に挑む。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/1/29 7:0013240

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス解析
関連語 の「アクセスカウンタ」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]