日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

選んだアスリート選手に購入金額の10%ほどが支援されるEC「athlete support.jp」登場

商品購入時に、登録アスリートを選ぶと、売り上げの一部(10%程度)がその選手に支援金として提供される

アスリートサポート(本社東京都、横原義人社長)は6月7日、アスリートへの支援を目的とした、スポーツ関連商品のECサイト「athlete support.jp(アスリートサポートドットジェーピー)」を開設した。商品を購入する際に、登録されているアスリートを選ぶと、その選手に売り上げの一部(10%程度)が支援金として提供される。

ECサイトを開設した理由について、横原社長は「日本では、トップ選手以外のほとんどのアスリートが、アルバイトをしながらの選手生活を余儀なくされるなど競技に集中できない環境にいる。少しでも支援金を提供し、その分競技に集中してもらうことで、レベルの向上につなげることができると考えている」と話している。

登録しているアスリートには、フェイスブックなどのSNSをできる限り更新するように求めている。これは「アスリート自身が積極的に行動することで、自分自身とスポーツのファンを増やし、そこからスポンサーを見つけることができれば」(同)と考えているからだ。今後については、「取り扱う商品と登録選手を増やし、スポーツの発展に少しでも貢献していきたい」(同)と言う。

・athlete support.jp(アスリートサポート)
http://www.athlete-support.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]