Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

共通ページフッターからのリンクがスパムになるとき/サイト内リンク戦略2012年版(前編)

サイト全体のページフッターに置いているリンクは、検索エンジンにどう評価されるのか?
よろしければこちらもご覧ください

この記事の内容はすべて筆者自身の見解であり(ありそうもないことだが、筆者が催眠状態にある場合を除く)、SEOmozの見解を反映しているとは限らない。

2012年以降のサイト内リンク戦略はどう考えるのが正しいのか? 現時点および近い将来において「最適化し過ぎ」対策アルゴリズムやフィルタの影響で問題となりそうなサイトワイドリンクについて、僕の考えを正確に示しておこう。

7月27日の金曜日、僕は「もっとスマートなサイト内リンクの張り方」というテーマでWhiteboard Fridayを担当した。見逃した人は(実際、いくつかグラフなどを見せているから、ただ聞くだけではなくて見る必要もある)、そちらも見ておくことをお勧めする。

また、そこで寄せられたコメントに見られるいくつか誤解を、この記事で解くようにもしたい。

フッタリンクは(本来)いけないものではない

何度か目にした質問は、そもそもサイト全体に共通なフッタを使うべきなのかどうかについてだ。

僕の答えは「フッタリンクは絶対使うべし!」だ。フッタリンクは、ユーザー体験をすばらしいものにしてくれる可能性を秘めている。特にモバイル機器を使ったネットサーフィンが増えている現状においては、わざわざスクロールしてページトップまで戻らなくても、次に訪れそうなサイト内のページにユーザーを誘導する優れたナビゲーションをサイトの下部に設置する必要性はますます高まっている。

SEOmozで使っているようなフッタリンクはよくできている。ウェブサイト内の最も重要かつ有益なページに誘導してくれるからだ。SEOmozのフッタは次のようになっている。

SEOmozのフッタ
SEOmozのページフッタリンク。左端には主力商材のお試しリンク、その次の列には商品群へのリンク、そして会社関連のリンクがあり、右には人気コンテンツへのリンクとソーシャルメディア関連のリンクが並んでいる。

Zapposでも同じようなことをしているが、面白いことに、トップページでは各カテゴリページとは違うフッタを使っている(トップページのフッタとここに掲載したカテゴリページのフッタを見て違いを調べてほしい)。アンカーテキストを詰め込んだり、関連性の薄いページへのリンクを全ページに置いたりはしていない。メインのフッタは、確かに巨大だけれど、ユーザーにとって有益なリンクが含まれている。

Zapposのフッタ

Zapposが検索結果ページに登場する回数は右肩上がりに増えている。以下に、SearchMetricsのツールを使って調べた結果を紹介しよう。

SearchMetrics

問題は規模

このようなフッタが問題となる場合もある。利用範囲をウェブサイト全体に拡大した場合(サイトワイドリンク)や、マイクロサイトに用いた場合だ。これは、大規模サイト、特に旅行、ホテル、観光業界でよく見かけるやり方だ。

一般的なウェブページが次のような感じだとしよう。

一般的なウェブページ

構造はこんな感じだろう。これは極めて一般的な構造といえる。

一般的な構造

それに対して、こちらは大手ホテルチェーンが運営するウェブサイトのトップページの例だ。

大手ホテルチェーンが運営するウェブサイトのトップページの例

上記のホテルサイトのように、サイトのすべてのセクションからフッターリンクを張ると、すべてのページが、最適化されたアンカーテキストでリンクを張っているトップページのようなものになってしまう。しかもこうしたリンクは、関連性がないものが多く、ユーザーに何の価値ももたらさない。

次の図はリンク構造がグチャグチャになってしまった例だ。

リンク構造がグチャグチャになってしまった例

マイクロサイトやフランチャイズサイトにも危険が潜んでいる

最近たまたま目にしたあるサイトには、サードパーティのフランチャイズサイトも多数あった。各フランチャイズサイトは、テンプレートに沿って作られていて(それ自体は必ずしも問題ではない)、フランチャイズが置かれている地域ごとに独自のコンテンツを提供している。僕が思うに、こうしたサイトはそれぞれ、ユーザーに価値をもたらしている。

ここで、そういったサイトのレイアウト例を示してみよう。(僕が思う)問題箇所を赤枠で強調してある。

サイトのレイアウト例
サイト間のリンク構成

こうした関連性のないサイトワイドのリンクは、ユーザーにとって価値をもたらさないだけでなく、検索エンジンに対して各ページの関連性を伝えられなくしてしまう場合がある。

では、どのようにすれば「良いリンクの張り方」になるのだろうか。その答は「分類」にある。具体的な解説は、後編となる次回をお待ちいただきたい。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]