日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

消費者庁が健康食品等67社117品に虚偽・誇大広告で通知 ネット監視で

健康食品等の虚偽・誇大表示に対するネット監視の結果

消費者庁は6月6日、22年12月~23年3月に行った健康食品等の虚偽・誇大表示に対するネット監視の結果、67事業者117商品に健康増進法の虚偽・誇大広告にあたるおそれのある表示が見られたと発表した。

同監視ではロボット型全文検索システムを用いてキーワード検索し、検索されたサイトを目視で確認している。今回の検索キーワードは「病者用」「糖尿病者用」「アレルゲン除去食品」などの特別用途表現や、「インフルエンザ予防」「花粉症予防」といった季節性の疾病の予防表現など。

風邪・インフルエンザ予防に効果がある旨の表示がある果物などがあった。

消費者庁はあわせて前回監視(10年9~11月)の結果を公表、健増法に違反するおそれのある85事業者128製品に改善を要請したところ、全事業者全製品の改善が確認されたとしている。

・平成23年6月6日 インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin617.pdf(PDF)

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]