日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ケンコーコム 売上5.4%増も2.4億円の営業損失 価格競争激化で収益悪化

売上高が前期比5.4%増の131億7800万円となった一方、価営業損失は2億4400万円
よろしければこちらもご覧ください

健康関連商品のEC大手、ケンコーコム(本社東京)の11年3月期決算は売上高が前期比5.4%増の131億7800万円となった一方、価格競争などの激化により収益が悪化し、営業損失は2億4400万円だった。

09年5月に発生した新型インフルエンザの拡大により、マスクなどの売れ行きは好調だったのに対して、昨年は目立った需要がなかった。中間期の段階で売り上げは前年同期割れとなっていた。下期に入り、送料無料の条件を3150円から1575円に引き下げを行ったほか、低価格戦略を進めた結果、売り上げは前期を上回った。

販売価格の引き下げにより粗利率は0.6ポイント悪化。加えて、〈楽天市場〉などモールでの販売比率の上昇に伴い、モールの手数料やポイント利用料がかさみ、営業損失となった。

震災の影響で、ミネラルウォーターなど生活必需品の注文が多かったが、宇都宮市の物流倉庫がストップし、福岡市の物流倉庫からの発送では対応が追いつかず、機会損失も発生したとしている。

今期は震災後の仕入れや節電対策の影響が読めないとして、業績予想を公表していない。

・ケンコーコム
http://www.kenko.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]