日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

受注、在庫、商品管理を統合パッケージ「速販ロボット」ハングリード販売

自社の在庫管理システム「zaiko Robot」と、サイオ)が提供する受注管理システム「速販」を統合
よろしければこちらもご覧ください

EC支援ツールを提供するハングリード(本社東京)は5月18日、自社の在庫管理システム「zaiko Robot」と、サイオ(本社東京)が提供する受注管理システム「速販」を統合して、受注管理、商品管理、在庫管理が一括で行えるパッケージシステム「速販ロボット」の販売を開始した。

2つのシステムを別々に利用する場合、初期費用や手数料などがそれぞれかかるため、一体型の受注・在庫管理システムに比べ、高い利用料が必要だった。

新しいパッケージシステムの月額費用は1万円に、受注件数1件当たり15円(上限10万円)がかかる。「サイトを複数管理していても同じ料金なので、他社のサービスと比べても料金面では負けていない」(宮地俊充CFO)としている。

単一の管理画面で両方のシステムが利用できる。「別々に利用している時と比べて作業量は半分になる」(同)としている。

それぞれのサービスを導入しているEC事業者から切り替えを勧めていき、毎月10社ほどの導入を図っていく。

・速販ロボット
http://www.sokuhan-robot.com/

・ハングリード株式会社
http://www.hunglead.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]