日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

消費者庁、ネット上の健康食品等の違反広告表現128件の健食業者に訂正要請

3月までに改善が見られない事業者に対しては、直接指導を行う。

消費者庁は2月28日、10年9~11月に行った健康食品等の虚偽・誇大表示に対するインターネット監視の結果を公表、85事業者、128商品に、健康増進法に違反するおそれのある文言を確認した。適正化を求めるメールを送信し、ショッピングモールにも協力を要請した。3月までに改善が見られない事業者に対しては、直接指導を行う。

ダイエット食品などの「最高」「絶対」「究極」などの強調表現や、「特許取得」などの行政機関などが認めたような表現をキーワードにネット検索を行った。

実際の例としては、痩身効果を強調するような栄養機能食品や、行政機関が認めているかのような表示をしていた健康食品があったとしている。

消費者庁は、これまで年1回のペースで実施していた健康食品のネット監視指導を、11年4月から年4回に増やすなどネット監視を強化する方針を示している。

・消費者庁
http://www.caa.go.jp/

・平成23年2月28日 インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin517.pdf

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]